渡邉恒雄死亡!現在の様子や死因がやばい!ナベツネの最後とは

 

株式会社読売新聞グループ本社代表取締役主筆で読売巨人軍の球団オーナーある渡邉恒雄ことナベツネ

死亡したという情報が発表されました!

 

まだ正式に発表されたわけではありませんが、

ジャーナリストのリークによりツイッターで拡散され話題となっています。

 

渡邉恒雄の現在や、死因は何なのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク

 

渡邉恒雄(ナベツネ)のプロフィール

 

・名前:渡邉 恒雄(わたなべ つねお)
・通称:ナベツネ
・生年月日:1926年5月30日
・年齢:92歳
・出身地:東京府豊多摩群(現東京都杉並区)
・出身大学:東京大学文学部
・職業:新聞記者、実業家
・肩書:株式会社読売新聞グループ本社代表取締役主筆
・勲章:旭日大綬章

野球ファンには、読売巨人軍の球団オーナーとして有名だったナベツネ。

まさか、勲章を受章していたとは思いませんでした。

 

「俺が最後の独裁者だ」と語るほど野球界を牛耳りたかったらしく、

野球界では日本球界の癌ともいわれていました。

スポンサーリンク

 

渡邉恒雄死亡説はほんと?

 

 

実際に渡辺恒雄が死亡したというニュースは今のところ流れていません。

しかし、すでに各新聞社が記事作成に取り組んでいるようで

 

裏を固めたジャーナリストが、渡辺恒雄の死亡説は8割間違いなし

と述べています。

 

亡くなったのは2018年11月16日の夜ということです。

しかし、読売新聞社は安倍首相がオーストラリアから帰国するまで

公表したくないという現状にあるようです。

 

しかし、読売以外の各社新聞社は、裏が取れ次第すぐ号外が出せるよう

原稿を執筆中とのことです。

スポンサーリンク

 

渡辺恒雄の現在は?

 


2018年8月21日に渡辺恒雄が自宅で転倒し、頚椎の一部を骨折し、

入院していることが発表されました。

幸い、脊髄に損傷はなく入院中にも書類に目を通すなど元気な姿を見せていました。

 

ということで、現在までは病院内でリハビリを行っていた可能性が高いです。

また脊椎骨折が直接的な死因とは考えられにくいです

 

では死因はなんなのでしょうか。

ナベツネがガンやその他の病気にかかっていたとは考えられにくいので

単純に考えて老衰が妥当ではないでしょうか。

 

92歳という大正生まれのおじいちゃんです。

大往生したと思います。

スポンサーリンク

 

ネットの反応は?

 

 

おわりに

 

いかがでしょうか。

正式なニュースが流れるのは時間の問題ではないでしょうか。

 

不謹慎ですが、このようなリークがされた以上、間違いなく亡くなっています。

読売新聞側がなぜ隠したがるのかわかりませんが、

それもナベツネの陰謀なのでしょうか。

 

もし本当に亡くなっているのなら、平成とともに1つの時代も一緒に終わっていくのでしょう。

今後の野球界はどうなっていくのでしょうか。

 

確かな情報が出次第、また更新していきます。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • ひょっこり現れるつもりと違うか?
    今頃冷凍保存されてるで
    まだまだトランスヒューマニストとして
    生への執着をお金で買うのでは無いだろうか?
    いつまでもこんな老害は要らないな

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。