台風25号2018年 東京の被害予測最新情報!首都機能停止の恐れも!

 

2018年9月30日現在、台風24号が猛威を振るい日本を横断しようとしていますが、

同じく、台風25号が、台風24号の後を追うように、日本へ接近しています。

 

9月30日は、東京でも、JR東日本が午後8時から電車を終日運休させると発表がありました。

台風24号が過ぎ去り、すぐに台風25号が来るということで、東京の機能は明らかに低下すると思います。

今回は、台風25号の最新進路や、どの程度強くなるのかをまとめてみました。

スポンサーリンク

 

2018年台風25号の最新進路予想図

 

台風25号が日本に雨や風をもたらすのは、早くて沖縄で10月3日

九州では、10月4日ころとなると予想されています。


引用元:米軍合同台風警報センター(JTWC)

米軍の合同台風警報センターの情報が、進路予測範囲が正確で、なおかつ、一週間分の予測をしています。

この情報を見ても、台風25号が沖縄に到達するのが、10月4日となっています。

 


参照元:気象庁

さらに、台風25号の進路は、台風24号の少し西を行く進路をとっていますが、

ほぼ同じように進んでくることは間違いないでしょう。

 

台風25号の強さは?

 

 

9月30日12時50分に発表された台風25号の状況です。

現時点で、975hPa、最大瞬間風速は50m/s

現在は、フィリピンの東側を進んでおり、強い台風と気象庁は判断しています。

こちらは、10月3日9時時点の台風25号の予想となります。

10月3日というと、沖縄付近に存在すると予測されていますが、

その時点の強さが、

950hPa、最大瞬間風速は60m/sとかなり発達しています。

台風24号と同程度の大きさと考えていいでしょう。

スポンサーリンク

 

台風25号の東京への被害は?

 

さて、台風25号の東京への被害はどうなるのでしょうか。

今のところ、台風24号の影響は東京へは出ていません。

しかし、JR東日本は以下のような情報を発信しています。

 

台風25号も同じ進路かつ、同程度の強さであるなら、

10月5~8日の間に、東京へ到達し、在来線、私鉄等に大きな被害を出すのではないでしょうか。

おそらく、同じように電車は運休するのではないでしょうか。

 

東京に来る頃には、台風25号は、975hPa程度まで勢力を落としていると考えますが、それでも、暴風雨はあります。

975hPaでも十分に強い台風です。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

台風24号が通過しても、まだまだ油断してはいけません。

すぐ後ろを台風25号が迫ってきています。

台風24号が東京にもたらす被害は、まだわかりませんが、

帰宅困難者等少なからず出てくるでしょう。

今回の台風を経験に、台風25号では、それに合った対処をしていく必要があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。