大阪万博2025年場所は?夢洲の完成図を公開!!

2018年11月24日深夜1時ころ、パリで開かれた博覧会国際事務局総会で、

大阪が2025年万博を開催することが決定いたしました!!

 

詳細は大阪万博開催決定をご覧ください!

 

今回は、大阪万博が開催される場所の夢洲(ゆめしま)の完成図、開催期間等を調べてみました!

 

大阪万博開催決定!

 


皆さんご存知のように、11月24日に大阪で万博開催が決定しました!

 

大阪での万博開催は1970年以来、55年ぶりとなります

日本で最後に開催された愛・地球博(2005年)からは20年ぶりの開催となります!

 

大阪万博のテーマは?

 

毎回万博にはテーマというものが存在します。

 

2005年に開催された愛・地球博は「自然の叡智」がメインテーマでした。

また「地球大交流」をコンセプトに行われました。

 

2025年大阪万博のメインテーマは

いのち輝く未来社会のデザイン

コンセプトは「多様で心身ともに健康な生き方、持続可能な社会・経済システム

 

となっています。

愛・地球博のテーマと比べると国際交流や自然というテーマから

世界が向かうべき状態へと変化していることがわかります。

 

大阪万博開催地夢洲

 

大阪万博の会場となるのは夢洲(ゆめしま)です。

この夢洲はどんな会場なのでしょうか。

 

夢洲はもともと、2008年オリンピックの選手村が造成されるはずだった土地です。

しかし、オリンピック誘致に失敗し、現在はただの空き地となっています。

この空き地を有効活用するということです。

 


完成予想図はこのようになっています。

ものすごい予想図になっていますね。

この夢洲建設費用は、1250億円となっています。

 

夢洲は屋根付きの大広場を5か所設け、人工知能や拡張現実等の

最先端技術を駆使した展示を検討しています。

また、カジノを含む統合リゾートも建設予定なので、

海外の方も十分に楽しめる施設となっています。

 

夢洲の場所は?

夢洲は、 大阪府大阪市此花区夢洲東1丁目にある、人口の島です。

こちらが現在の夢洲の様子です。

近くにユニバーサルスタジオジャパンもあることから、

万博以外でも楽しめそうですね。

 

開催期間は?

 

大阪万博の開催期間は、

2025年5月3日~2025年11月3日の185日間です。

 

開催初日はGWなので、かなりの訪問客が見込まれます。

 

大阪万博の来場者の予想は150か国、2,800万人とされています。

 

ちなみに愛・地球博の来場者は2,204万9,544人だったそうです。

目標数は1,500万人だったことから、予想をはるかに超える来場者でした。

 

おそらく大阪万博も3,000万人以上の来場者が来るのではないでしょうか。

 

夢洲に対するSNSの反応は?

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

夢洲での開催は賛否両論ありそうですね。

 

しかし、2025年大阪万博は多くの方が注目しているのも事実です。

負の遺産夢洲の有効活用でも楽しめればいいのではないでしょうか!

 

2025年大阪万博は、

2025年5月3日~11月3日の185日間です!

 

7年後、夢洲がどのような姿になるのか、とても楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。