大阪万博2025速報!!開催決定の秘話とは?決め手はなに?

スポンサーリンク



2025年国際博覧会(以後万博)の開催国を決める博覧会国際事務局総会

が11月23日パリで開かれ、日本時間24日未明に行われた加盟各国の投票で

見事日本=大阪が選ばれました!!!

 

大阪が選ばれたのは、1970年以来55年ぶり2回目です。

1つの都市が万博を2回開催するってすごいことですよね。

 

一体大阪の決め手は何なのでしょうか。

調べてみました!!

 

2025年大阪万博開催決定速報

 

2025年国際博覧会(万博)の開催国を決める博覧会国際事務局(BIE)総会が23日、

パリで開かれ、加盟国による無記名投票で大阪市を候補地とする日本がロシアとアゼルバイジャンを破った。

大阪開催は1970年以来で55年ぶり2回目。国内では2005年の愛知以来20年ぶり。

「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに健康、医療に関する技術貢献を目指す。
参照元:livedoor NEWS

 

大阪万博は1970年以来55年ぶり2回目の開催となります!

 

博覧会国際事務局に加盟する170か国のうち分担金を払った156か国が

無記名投票を行いました。

日本は1回目の投票で85票を集めて1位通過し、

ロシアとの決選投票では、過半数の92票を獲得しました!

 

松井一郎知事のコメント

 

大阪万博誘致のため尽力した松井知事のコメントがあります。

 


シンプルなコメントですが相当喜んでると思います。

多くの方の協力のもと、大阪万博の開催が決定しました。

 

大阪万博開催決定の瞬間

 

 

大阪万博開催決定は、2018年11月24日午前1時ころに開催が決定しました。

皆さん大喜びの様子がカメラに抜かれていますね。

 

大阪万博決定の要因は?

 

2025年の万博が大阪に決まった要因はなんなのでしょうか。

 

大阪万博開催決定の要因は、

過去の万博の開催実績や運営能力の高さなどが高く評価されました。

 

日本(大阪)のほかに、ロシア(エカテリンブルク)、アゼルバイジャン(バクー)

の3か国が今回の投票に立候補しました。

 

日本とロシアが決選投票ということとなり、

日本が決選投票で92票を獲得しました。

 

確かに、日本の万博(大阪万博)はとても盛り上がったというイメージがあります。

現在も太陽の塔が残されており、若者も1970年の大阪万博のことを知っています。

 

とりあえず、本当におめでとうございます!

 

夢洲計画

 

大阪万博の会場は、大阪湾の人口島夢洲(ゆめしま)です。

 


 

会場建設費は、1250億円といわれてます。

大阪万博は、大阪湾に浮かぶ人工島・夢洲内の155ヘクタールを会場に、

2025年5月3日~11月3日の185日間開催する計画です。

屋根付きの大広場を5か所設け、人工知能(AI)や拡張現実(AR)などの

先端技術を駆使した展示が検討されています。2,800万人の来場を想定、

2兆円の経済波及効果を見込んでいるそうです。

 

会場予定地の夢洲は、かつて大阪府と大阪市が誘致を目指した

2008年五輪の選手村が造成されるはずだった土地だそうです。

五輪招致の失敗で開発は停滞し、広大な空き地が残されたままになっていることからこの地を再利用するつもりなのでしょう。

 

この夢洲には、カジノを含む統合リゾート(IR)の開業も目指していることから、

外国人を誘致するためにできることは何でもしそうですね(笑)

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

ほんとうに大阪万博開催決定おめでとうございます!

 

開催決定理由も納得ですね。

日本の技術力の高さ、これまでの実績が評価されました。

 

2025年は東京オリンピック後ということで、日本はどのような状況になるかわかりません。

しかし、万博が開催されることでまた日本が豊かになるチャンスが

増えましたね。

 

夢洲が完成するのが楽しみです!

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。