新紙幣いつから発行?デザインを全て公開!渋沢栄一 津田梅子 北里柴三郎が新たな肖像に!

 

2004から20年ぶりに紙幣の肖像が

新しく生まれ変わることが決まりました

1万円札は渋沢栄一、5千円札が津田梅子、千円札が北里柴三郎に変更となります。

また500円玉も平成から令和に刻印を変え、

デザインも変わるということです。

 

それでは正確に

新紙幣はいつから発行されるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

20年ぶりに新紙幣が発行

 

政府は1万円などの紙幣を、新しいデザインに変える方針を固めた。500円硬貨も2色を組み合わせたデザインに一新される予定。
政府は1万円札、5000円札、1000円札のデザインを一新する方針。紙幣は偽造防止のため、10年から20年をめどにデザインを変えることが通例となっていて、前回変更された2004年から20年後の2024年をめどに変更される予定
1万円札には「近代日本経済の父」と言われる実業家の渋沢栄一。5000円札には、女子教育の先駆者といわれ、津田塾大学を創立した津田梅子。1000円札には、破傷風の治療法を開発するなど医学の発展に尽力した北里柴三郎が採用される方向。
また、500円硬貨も一旦、新たな元号「令和」が刻まれたものを発行した後で、新たなデザインに変わる予定で、複数の素材を用いた2色からなる硬貨が検討されている。
これは「バイカラー・クラッド貨幣」と呼ばれ、ヨーロッパではすでに1ユーロや2ユーロ硬貨に使われている。複数の金属を使うこの硬貨は高度な技術を必要とするため、偽造防止に優れた効果を発揮するという。
麻生財務相が9日の閣議後会見で発表する。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190409-00000010-nnn-bus_all

 

スポンサーリンク

 

新紙幣の肖像

 

新紙幣には以下の3人の肖像になることが決まりました。

 

一万円札は渋沢栄一

 


参照元:http://www.fukaya-ta.com/ijin/shibusawa/

1万円札の新しい肖像は実業家渋沢栄一に決定しました。

これまで1万円札は、1958年から聖徳太子

1984年から福沢諭吉、2004年も福沢諭吉ですが、

デザインが変更されています。

 

 

五千円札は津田梅子

 


参照元:https://ja.wikipedia.org/wiki/津田梅子

5千円札には、津田塾大学の創始者津田梅子が起用されることになりました。

5千円札は1957年から聖徳太子、

1984年から新渡戸稲造、2004年から樋口一葉が使用されています。

 

スポンサーリンク

 

千円札は北里柴三郎

 


参照元:https://kotobank.jp/word/北里柴三郎-50877

千円札にはペスト菌を発見した

北里柴三郎が使用されることが決定しました。

 

これまで千円札は1950年に聖徳太子、

1963年から伊藤博文、1984年から夏目漱石、

2004年から野口英世が使用されていました。

 

新紙幣発行はいつから?

 

さて新紙幣発行はいつからになるのでしょうか。

 

新紙幣発行は、2004年から20年後の2024年(令和6年)に

発行されることが決定しました。

それでは日にちはいつなのでしょうか。

 

一万円札は1984年11月1日、2004年11月1日に

新紙幣が発行されました。

 

五千円札も1984年11月1日に聖徳太子から新渡戸稲造に

2004年に新渡戸稲造から樋口一葉に変更。

 

千円札も1963年11月1日に聖徳太子から伊藤博文、

1984年11月1日に伊藤博文から夏目漱石に、

2004年11月1日に夏目漱石から野口英世に変更されています。

 

この慣例に従うと新紙幣が発行されるのは、

2024年11月1日になるということが予想されます。

 

スポンサーリンク

 

紙幣のデザインが変更される理由

 

お分かりの方も多いと思うのですが、

紙幣は20年ごとにデザインを変えているのです。

 

それは、偽造防止のために20年周期で新しいデザインに

変えることを決めています。

 

1万円札は福沢諭吉が40年間続くことになりますが、

裏面が雉から平等院鳳凰堂に変更、

透け方の違いや、見る角度によって見え方が違う

ホログラム等細かいところでデザインが変更されています。

 

日本の紙幣は本当に正確に綿密に作られており、

偽札が出回ることが本当に少ないです。

その理由もこの20年周期があるからこそです。

 

今回なぜ福沢諭吉から渋沢栄一に変更になったのかはわかりませんが、

おそらくこれ以上現在の一万円札を改良することができなかったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

新紙幣のデザイン

 

新紙幣のデザインが発表されました。

 


参照元:https://mainichi.jp/graphs/20190409/hpj/00m/020/001000g/9

お札に関してはなぜか安っぽいイメージを感じますね。

数字の書き方のせいでしょうか。

500円玉の新デザインも発表されています。

旧500円玉と新500円玉が合わさった感じでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

SNSの反応は?

 

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

 

新紙幣はいつから発行されるのかということですが、

2024年11月1日に発行されるのではないかと考えています。

 

新しい紙幣が発行されるのが楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。