仲邑菫(なかむらすみれ)経歴は?囲碁界史上最年少でプロに!ネットの反応まとめ!

スポンサーリンク



小学4年生の仲邑菫なかむらすみれ)さんが、

囲碁界史上最年少のプロになることが明らかとなりました。

 

これまでの記録は、藤沢里菜女流本因坊が持つ、11歳6ヶ月

でしたが、仲邑菫さんは、なんと10歳0ヶ月でのプロ入りとなりました。

 

また、中邑さんの経歴もすごいと噂になっています。

 

 

仲邑菫さん囲碁界史上最年少のプロへ

 

日本棋院は5日、仲邑信也九段(45)の長女で、大阪市の小学4年生、仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)が新設された英才特別採用枠での採用試験に合格し、4月1日付で囲碁のプロ棋士となることが決まったと発表した。
10歳0カ月でのプロ入りとなり、藤沢里菜女流3冠(20)の11歳6カ月を更新する史上最年少記録。
菫さんは母も囲碁のアマチュア棋士で、父母の影響で3歳で碁を打ち始め、7歳から囲碁強豪国の韓国でも修業を積んできたという。昨年7月、アマ女性が参加するネット囲碁大会の無差別クラスで優勝するなど、その実力が注目されていた。
参照元:http://news.livedoor.com/article/detail/15831342/

 

すみれさんの父親の信也さんも9段というすごい腕前の持ち主です。

その遺伝子を全て継いだといっても過言ではありません。

 

 

仲邑菫さんの経歴

 

仲邑菫さんの経歴がすごいと話題になっています。

 

仲邑菫さんは大阪府大阪し此花区に住む小学4年生です。

 

実は、すみれさんは日本で囲碁を学んだわけではなく

韓国で修行を積んでいたそうです。

 

囲碁ってなんとなく、日本のものだと思っていたのですが

韓国が囲碁先進国だったのです。

 

そしてすみれさんは、韓国に住んでいるわけではなく、日本でしっかりと義務教育を受けているのです。

 

土日や長期休みに韓国へ行き、平日は日本で学校に通うという生活をしていたのでしょうか。

 

また、韓国語もすでに習得しており、両親の通訳になっているといいます。

 

かなりハイスペックな小学生です!

 

そして、韓国でも、小学生低学年のチャンピオンの座を獲得しています。

韓国棋院のプロ候補生である研究生にも抜擢されています。

 

日本より、囲碁が発展している韓国で研修生になれたのなら

日本でプロになることは造作もなかったのではないでしょうか。

 

しかし、ここに至るまでかなり過酷な練習や生活をしていると思います。

 

本当に努力の賜物です。

 

 

SNSの反応は?

 

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

本当に漫画みたいな展開で胸が高まっています。

 

藤井君みたいに今後世間を沸かせるのでしょうか。

まだまだ若いので焦らずゆっくり頑張って欲しいです。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。