小牧隕石ってなに?価値はいくらくらい?誰がもらえる?愛知県小牧市に隕石落下!

9月26日10時30分ころ、愛知県小牧市の住宅に大きな石が落下してきたらしいのですが、なんとそれは隕石だったみたいです!

本日、その隕石は、愛知県小牧市に落下したことで、「小牧隕石」と名付けられました。

 

隕石はとても価値があると聞いているのですが、今回の隕石はどれくらいの価値があるのか。値段はいくらになるのか。誰がもらえるのか。

隕石の画像をもとに調べていました!

 

スポンサーリンク

 

愛知県小牧市の住宅に隕石落下

 

 

先月26日、午後10時半ごろ、愛知県小牧市の住宅で突然「ぐわーん」という大きな音とともに家全体が揺れる衝撃があり、屋根の一部にえぐれたような穴があいたということです。

当時、家の中には人がいましたがけがはなく、翌日、庭などで表面が焼け焦げていて、大きさが10センチと5センチ、それに4センチほどの3つに割れたとみられる石のような物が落ちているのを見つけたということです。

石のようなものは磁石にくっつく性質があり、国立科学博物館の専門家が鑑定したところ、成分などから約45億年前にできた隕石とわかりました。

隕石が建物を直撃するケースは珍しく、平成15年に広島市に落ちたケースが報告されているということです。

国立科学博物館は、今後、この隕石を発見場所にちなんで「小牧隕石」として国際隕石学会に登録する手続きをとるということです。

隕石の発見者で、この家に住む女性は「探査機の『はやぶさ』などが宇宙に採りに行こうとするような神秘的なものが向こうから来てくれました。被害はありましたが貴重なものでうれしいです」と話していました。

      参照元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181013/k10011669961000.html

 

隕石が落ちてきたことはすごいことですが、住人がけがをしなかったのがなによりです。

こんなの頭に当たったら即死ではないでしょうか。

 

隕石の落下場所は?

 

 

落下場所は愛知県小牧市ということしかわかっていません。(赤枠のところ)

まあ個人情報ですからね。あまり詳しくはわかりませんでした。

 

スポンサーリンク

 

今までに日本に落ちた隕石は?

 

今回の小牧隕石は、約45億年前の隕石であり、

建物に直撃したのは、15年ぶりの出来事だそうです。

 

こんな珍しいことが15年ぶりということは、日本ってもしかして大量に隕石が落下してるんじゃ??と思って、過去の日本への隕石落下について調べてみました。

 

2000年以降の隕石落下情報

・只見火球
2000年12月27日、福島県金山町に落下
写真撮影3件。目撃約10件。・広島隕石
2003年2月1日~3日の間 広島市安佐南区に落下。普通球粒隕石(H5)、414g1日22時台に火球目撃報告が3件ある。・石鎚山火球
2004年7月21日、高知県上空を衝撃波を伴う火球が出現。
TV観測と地震計の衝撃波記録より石鎚山付近に隕石が落下したことがほぼ確実。稀少な隕石種かも。

・東松山火球
2005年3月19/20日、、栃木県~埼玉県上空を満月級の火球が出現。
多数に分裂しながらも多くの自動TV観測より埼玉県東松山市付近に隕石が落下したことがほぼ確実。

・矢祭町火球
2005年10月27/28日、北関東に火球が出現。
2カ所の自動TV観測より福島県矢祭町付近に隕石が落下したと思われる。

・牧丘火球
2008年3月1/2日、長野県から山梨県上空に火球が出現。
4カ所の自動TV観測より山梨県牧丘町(現:甲州市)付近に隕石が落下したと思われる。

◆2009年12月04日、富山市八尾町南部、金剛堂山東斜面~岐阜県高山市河合町付近に、
1グラム程度の隕石が落下したかも。

◆2010年01月14日、岐阜県高山市(旧清見村)漆洞山付近に、3g程度の隕石が落下したもよう。

・鈴鹿火球
2010年3月30/31日、奈良県から滋賀県上空に火球が出現。
5カ所の自動TV観測より滋賀県東部、鈴鹿峠付近に隕石が落下したと思われる。

・琵琶湖火球
2010年8月7日、伊勢湾岸を中心に大きな衝撃音が響く。
3カ所の隕石雲の影像より滋賀県近江八幡市上空30km付近を火球が通過したと推定できる。

・福生火球
2011年2月26日、神奈川県西部に低速の火球が出現。
4カ所のTV映像から、福生市付近に小規模な隕石が落下したと思われる。

・土佐山田火球
2011年7月26日、四国中部に低速の火球が出現。
2カ所のTV映像から、高知県香美市土佐山田町付近に小規模な隕石が落下したと思われる。

・榛名山火球
2012年8月2日、群馬県渋川市伊香保町付近に最大数十グラムの隕石が落下したと思われる。

◆2012年12月26日、群馬県桐生市南部、茶臼山付近に最大で数グラム程度の隕石が落下したかも。

・市貝町火球
2013年2月14日、栃木県市貝町付近に30グラム以下の隕石が落下したと思われる。

・天龍村火球
2013年10月11日21日、長野県天龍村付近に30グラム以下の隕石が落下したと思われる。

・会津美里火球
2013年10月30日、福島県会津里町付近に20グラム以下の隕石が落下したと思われる。

・甲斐南火球
2013年12月13日長野県南部町~静岡県富士宮市のどこかに200グラム程度の隕石が落下したと思われる。

参照元:http://www5e.biglobe.ne.jp/~shibaya/meteorites/meteorites.html

 

意外と日本って隕石が落ちてくる国なんですね。

 

1年に1回程度落ちてくるのではないでしょうか。

でも人口密度の高いにほんに隕石が落ちてきて、けが人がでないのは本当に奇跡のようですね!

スポンサーリンク

 

小牧隕石の価値は?

 

小牧隕石の値段はいくらくらいになるのでしょうか。

隕石の値段は、その隕石の構成物質や大きさによって異なります。

 

2011年モロッコに落下した7キロの火星の隕石は、日本円で1,330億円で博物館が購入したみたいです。

 

小牧隕石はどうなのでしょうか。

大きさは、10センち、5センチ、4センチととても小さい隕石です。

隕石はグラムいくらで取引されるため、

小牧隕石の重さ次第で値段は変わってきます。

 

45億年前の隕石は非常に珍しいため、数百万単位の値段がつくのではないでしょうか。

最低でも、屋根の修理代以上の価値はあるのは間違いないでしょう!(笑)

 

小牧隕石の所有者は?

 

小牧隕石の所有者は誰になるのでしょうか。

 

基本的に隕石は物質等を研究するため、博物館が買い取ります。

また、地球外からきているため、人体に危険な物質が含まれている可能性もあるので、基本的に所有者は拾った本人ではなく、博物館や、研究所といったところになることが多いです。

 

おそらく今回も、国立科学博物館が直接調査に乗り出していることから、

国立科学博物館所有のものにな可能性が高いです。

 

おそらく現在の所有者は、小牧市に住む女性の方なので、所有権が移る場合はある程度のお金はもらえるのではないでしょうか。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

隕石が1つ家に落ちただけで、かなり人生は変わると思います。

隕石次第ですが、1つ数万円~数百万円にもなります。

 

しかし、かなりの速度で落下してくるので当たったら、人間なんてひとたまりもありません。

 

日本には、結構な頻度で隕石が落ちてくるので皆さんにもチャンスはあるかもしれませんね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。