天皇誕生日どうなる?2019年は平日に!2020年から新しい天皇誕生日施行!

 

12月23日は天皇誕生日ですね。

しかし、2019年5月に今上天皇が退位され、現在の皇太子さまが新たな天皇となります。

 

ということは、2019年12月23日は天皇誕生日ではなくなってしまうのでしょうか。

平成30年間12月23日はずっと祝日でしたが、

2019年からは平日となるのでしょうか。

 

ここらへんって意外と知られてないんです。

2019年からの天皇誕生日はどうなるのでしょうか。調べてみました。

スポンサーリンク

 

2018年12月23日が最後の祝日に

 


2019年5月に今上天皇が退位され、現在の皇太子さまが即位されます。

現在、12月23日は天皇誕生日として祝日ですが、

それも2018年が最後となってしまいます。

 

平成30年間ずっと12月23日は天皇誕生日で祝日だったのだから、

来年からも名称を変えて祝日でいいじゃん!上皇誕生日みたいな。

って思うんですけど政府は甘くないですね。

スポンサーリンク

 

2019年12月23日は平日に

 

政府はすでに「祝日法」を改正し、2019年以降の12月23日は平日となります。

 

でも上皇になるからって誕生日の祝日を廃止にするのって変ですよね。

 

以前の天皇の誕生日が現在祝日になってるのは皆さんご存知でしたか?

 

11月3日は文化の日として祝日になっていますが、実は明治天皇の誕生日です。

 

そして、4月29日は昭和の日で祝日ですが、名称の通り昭和天皇の誕生日です。

 

こう考えると今上天皇の誕生日12月23日も名称を変更して

祝日のまま保てばいいのではないでしょうか。

 

しかし、政府が2019年以降の12月23日を平日に変更したのは理由がありました。

 

上皇の誕生日を祝日にすれば権威付けになりかねない。上皇に感謝する民間行事が開かれる可能性もある。少なくとも上皇在位中の祝日化は避けるべきではないか。
参照元:YAHOO!ニュース

 

それじゃあなんで明治天皇と昭和天皇の誕生日は祝日として残したままなんでしょうかね・・・

それじゃあご逝去されたら祝日に戻すのでしょうか。

政府の考えていることはよくわかりません。

スポンサーリンク

 

次の天皇誕生日はいつになる?

 

12月23日が天皇誕生日として平成30年間は祝日でしたが、

2019年からの天皇誕生日はいつになるのでしょうか。

 

2019年からの天皇誕生日は、現在の皇太子さまの誕生日2月23日となります。

 

ということは、最初の天皇誕生日は2020年2月23日となります。

 

気になってiPhoneのカレンダーで調べてみたのですが、2020年2月23日は天皇誕生日として変更されていました。

仕事が早いですね。

 

といことで、2020年2月23日が新たな天皇誕生日となり、

この年は3連休となります。

2月22日()、23日()が天皇誕生日、24日()が振替休日となります。

 

スポンサーリンク

 

一般参賀も最後に

 

今上天皇の誕生日12月23日は毎年一般参賀として、

一般の方が皇居に行けば天皇陛下にお会いできる行事があります。

※普通に会うことはできません!

 

この一般参賀も今年が最後となります。

 

2017年は、天皇陛下が退位するとあって1日だけで5万2,300人もの方が皇居へ足を運んだそうです。

 

今年は最後ということで、これまで以上に多くの一般の方が訪れることでしょう。

 

天皇皇后両陛下がお出ましされるのは、

①10時20分頃

②11時頃

③11時40分頃

の3回となっています。

 

このチャンスを逃したらもう2度と今上天皇のご尊顔を生で拝見することができないかもしれません!

 

みなさんお時間があればぜひ皇居へ足を運んでみてください!

スポンサーリンク

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

天皇が変わるというのは、日本事態に大きな影響を及ぼします。

日本の象徴なので当たり前のことですが。

 

この記事のまとめです。

 

・2018年12月23日が最後の祝日
・2019年以降の12月23日は平日
・新しい天皇誕生日は2020年2月23日から
・一般参賀はかなり混雑が見込まれる

 

以上となります!

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。