桜開花2019年はいつ?東京/京都/大阪/広島/九州の桜はいつ開花する?

月日が経つのは早いもので、冬が到来し数か月もすれば桜の季節がやってきます。

 

2019年の桜の開花予想もそろそろしていく必要があるんじゃないのかなあ

とふと頭に浮かび、記事を作成してみました。

 

少なからず、年がら年中桜のことを考えている人もいるんじゃないですか?(笑)

 

今回は2019年の桜開花予想をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

2017年・2018年の桜開花時期と満開時期は?

 

 

2018年の桜は、上記の記事のように、例年に比べとても早い段階で桜開花宣言がでています。

大阪に至っては史上1位タイという早さで桜が開花しました。


参照元:https://桜.jp/

こちらの図は表は2017年の開花日・満開日及び2018年の開花日・満開日をまとめたものです。

 

2018年は全国的に平均よりも早く開花しており、平均と比べて4~12日早く開花しています。

満開日同様に平年より4~12日程度早く開花しました。

 

 

スポンサーリンク

 

2018年10月に桜が開花した?

 

鹿児島県南九州市川辺町の岩屋公園で、季節外れの桜が開花している。
公園内や隣接する清水磨崖仏群前のソメイヨシノが、数輪から十数輪の花を付けている。
時期外れに花が咲いたり虫が飛んだりすることは「不時現象」と呼ばれる。
フラワーパークかごしま(指宿市)などによると、桜は台風などで葉が散ると、うまく休眠できなくなり、開花することがあるという。
参照元:https://www.yomiuri.co.jp/national/20181014-OYT1T50029.html

今年の秋は、台風が多かったことから、九州の鹿児島では、すでにソメイヨシノが開花してしまったようです。

これが原因で2019年の4月に桜が開花しなかったということにならないといいのですが・・・

 

2019年全国の桜開花はいつ?

 

桜の開花は、夏~冬の気温の気温によって、左右されます。

 

桜は、夏に翌春咲く花のもとになる花芽を形成し、休眠状態となります。

そして冬の低温に一定期間さらされると、休眠から目覚め開花します。

 

そのため、冬の気温が桜の開花時期に大きく影響するということができます。

 

2018年~2019年の冬は暖冬といわれています。

※2018~2019年冬の気温予想は上記のリンクでご確認ください。

 

暖冬の場合、桜の開花に必要な期間を満たすことができず、桜の開花が遅くなる傾向にあります。

2018年の冬はとても寒かったのを覚えているでしょうか?

そのため、2018年の桜の開花が早かったのです。

 

2018~2019年の冬は暖冬になると予測されているため、2019年の桜の開花は、

2018年より確実に遅くなるでしょう。

 

2019年桜の開花時期は

 

平年並みか平年より少し遅くなる

 

とボクは予想します。

スポンサーリンク

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

桜の開花は冬の気温によって時期が変化するので、

この段階では何日!と予想することは難しいです。

 

気象庁の予測も2月~3月に行われるので冬が終わってからになりそうですね。

 

少しでもこの予想が参考になれば嬉しいです!

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。