由利本荘市パトカー事故!14歳未満の少年は誰?親の車でパトカーに衝突!

 

2月11日午前0時頃、

秋田県由利本荘市の国道で

停車を求めたパトカーに

14歳未満の少年が運転している車が衝突する事故が発生しました。

 

少年は、警察が停止を求めてから

約9kmに渡り走行を続けました。

 

事件の詳細等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

由利本荘市で14歳未満の少年が運転する車がパトカーに衝突

 

11日未明、秋田県由利本荘市で14歳未満の少年が運転する普通乗用車がパトカーに追突する事故があった。親の車を運転して信号無視を繰り返したという。
事故があったのは由利本荘市三条の国道。警察の調べによると、10日午後11時半ごろ、「家の車がなく、息子もいない」と父親から通報があり、警察は11日午前0時ごろ、由利本荘市内で少年が運転する車を発見した。
警察が止まるよう求めたものの少年の車はその後、信号無視を繰り返し、約9キロを走行。前方に回ったパトカーに追突してようやく止まった。
少年は14歳未満で胸の痛みを訴えていて、警察が詳しい事情を聞くことにしている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190211-00000013-nnn-soci

 

14歳未満ということはもちろん無免許ですが、

親の車で事故を起こしたということは

もちろん保険は適用されません。

考えられない事故です。

 

スポンサーリンク

 

事故が起きた場所

 

事故が起きたのはどの辺りだったのでしょうか。

 

事故が起きたのは、

秋田県由利本荘市三条の

国道107号線です。

 


参照元:日テレNEWS24映像

 

こちらが現場の画像です。

警察の停止の命令を無視し9km走ったということで、

実際にどこで警察に発見されたのかということはわかっていません。

 

スポンサーリンク

 

事故を起こした少年

 

事故を起こした少年は誰だったのでしょうか。

 

現在わかっているということは14歳未満の少年ということです。

 

中学生なのか小学生なのか現在のところわかっておりませんが、

おそらく由利本荘市に住んでいるのではないでしょうか。

 

とすると、由利本荘市内の小学校か中学校に通う生徒の可能性が高いですね。

 

少年は事故により、胸に痛みを訴えているということですが、

命に別状はありません。

 

少年は、車を止めようと前方に停止した警察車両と衝突しました。

その前にも警察は少年に、車の停止を求めましたが、

少年はそれを無視し、約9kmに渡って走行を続けます。

その間に少年は信号無視等を繰り返したそうです。

 

スポンサーリンク

 

事故を起こした少年の両親

 

今回の事件が起こる前、

少年の両親が警察に「子供がいなくなった」と

通報しています。

 

車がなくなった等の通報をしたかどうかは不明です。

 

両親は子供にどのような教育をしていたのでしょうか。

なぜ子供は車を運転してしまったのでしょうか。

 

現在警察が状況を調べています。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

事故を起こした少年についての情報があまりありませんでした。

 

何か新しい情報が入り次第更新していきます。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。