YouTube障害の原因判明?復旧はした?エラー発生のまとめ!

スポンサーリンク



2018年10月17日10時20分頃、世界各国で動画投稿サイトYouTubeが見れなくなるというシステム障害が発生しました。

 

現在は復旧していますが、いったいYouTubeになにが起きたのでしょうか?

障害の原因はなんだったのでしょうか。

 

今回はYouTubeの障害の原因となにが起きたのかを調べてみました!

 

YouTubeでの障害発生時の画像

 

YouTubeでの障害発生時、画面にサルが出てきたり

動画が表示される場所が、灰色一色になったりしました。

 

 

YouTubeに関するすべてのコンテンツ(YouTube、YouTube TV、YouTube Music)が一時的に視聴不可能となり、上記のような画面が出てきました。

 

このサルは、復旧作業をしているということを意味しているのでしょうか。

 

 

ほかにも、このような表示があったとする証言がいくつかありましたが、

多くは、500 Internal Server errorと紫のサルが表示されたそうです。

 

全世界でYouTube視聴不可能に

 

 

世界各国の主要都市がオレンジの表示が出ていますね。

これはシステム障害が起こっている場所を示しています。

 

アメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ、日本、ニュージーランド、南アメリカの主要都市では全く見れなくなったみたいですね。

 

(アメリカのユーチューブ人気がこれで露呈してしまったことは秘密にしておきましょう)

 

復旧はいつしたの?

 

ユーチューブのシステム障害は、11時43分には完全に復旧したそうです。

 

実は、YouTubeの復旧チームは、先ほど記載した紫のサルのチームだそうです。

あれは、復旧作業中の意味だったんですね(笑)

障害が起きても、顧客を飽きさせないようにしたYouTube側の配慮でしょうか。

 

なにはともあれ、1時間半程度で復旧させてしまうとは、有能なサル軍団ですね。

 

今後も彼らの活躍をお目にかかることがあるかもしれませんね。

 

障害の原因はなにか

 

いまだに原因はわかっていないそうです。

 

噂では、新システムの導入のため、サイバー攻撃

等がネット上で出回っていますが、サイバー攻撃の可能性は低そうです。

 

特に被害状況も報告されていませんし、1時間半での復旧は難しいでしょう。

 

となると新システムの導入が原因になるのでしょうか。

サーバーダウンとなると、一時的に大量の視聴者がいた等の原因があったのでしょうか。

 

しかし、これは憶測にすぎません。

原因が解明され、YouTube側からの発表を待つしかありませんね。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

YouTubeが世界的にシステム障害を起こすのはとても珍しいですね。

しかも、障害が発生してから12時経過しますが、

いまだに障害原因が解明されていません。

 

今後もこのようなことが起きる可能性はあるのでしょうか。

 

早急に障害原因を究明していただきたいです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。