横浜市旭区ひき逃げ事件!30代の男性が意識不明の重体 事件発生現場や容疑者の特徴は?

 

4月29日午前4時20分頃、

横浜市旭区の県道ひき逃げ事件が発生しました。

被害者は30代の男性で、

全身を強く打ち現在意識不明の重体ということです。

 

事件現場はどこだったのか等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

横浜市旭区でひき逃げ事件

 

29日、横浜市旭区の県道で30代くらいの男性が倒れているのが見つかり、病院に搬送されましたが、意識不明の重体となっています。
警察は目撃者の話などからひき逃げ事件として捜査しています。
29日午前4時20分ごろ、横浜市旭区鶴ケ峰の県道で「ドンという音がして、振り向くと男性が倒れていた」と近くを通りかかったタクシー運転手の男性から警察に通報がありました。
警察によりますと、男性は30代くらいで、病院に搬送されましたが全身を強く打つなどして意識不明の重体となっています。
現場は、横浜市の旭区役所前の見通しがよい直線道路で、警察は目撃者の話などからひき逃げ事件として捜査しています。
参照元:https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190429/0029066.html

 

男性は首や左足の骨などを折る大怪我を負っているということです。

 

スポンサーリンク

 

ひき逃げ事件が発生した場所

 

ひき逃げが発生したのは、どこだったのでしょうか。

ひき逃げが発生したのは、

神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰1丁目の県道です。

現場な直線道路で、旭区役所前ということで

おそらく県道40号線ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

事件の詳細

 

事件発生日 4月29日午前4時20分ころ
事件現場 神奈川県横浜市旭区鶴ヶ峰1丁目の県道40号線
事件内容 30代の男性がひき逃げされる

 

男性が倒れていたのは、

十字路交差点近くの片側一車線の直線で

横断歩道からは約18メートル離れていたということです。

 

男性は首や左足などの骨が折れているということで、

横断歩道を渡っているところで、

ひき逃げされ18メートル引きずられた可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

ひき逃げ事件が後を絶ちません。

容疑者の車の特徴は現在わかっておりません。

わかり次第更新していきます。

また被害者の男性の意識が早く回復することを望みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。