横浜市青葉区事故!電柱に突っ込み4人が死傷 現場の画像あり全員未成年で免許証がなかった可能性も!

 

3月11日午前1時半頃、

神奈川県横浜市青葉区の市道

乗用車が対向車線の歩道に乗り上げ、

電柱に激突する事故が発生しました。

この事故で車に乗っていた4人が死傷しました。

 

乗用車に乗っていたのは全員未成年で、

運転免許証を持っていなかった可能性もあるということです。

事故が起きた場所や現場の様子等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

横浜市青葉区すすき野で4人が死傷する事故

 

 

11日未明、横浜市青葉区の市道で、10代の男性4人が乗った乗用車が電柱などに衝突し、1人が死亡、1人が意識不明の重体になっています。
事故があったのは、横浜市青葉区すすき野の直線道路で、11日午前1時半頃、直進していた乗用車が対向車線を横切った後歩道に乗り上げ、電柱や街路樹に衝突しました。乗用車には、10代の男性4人が乗っていて、車の外に投げ出された男性が搬送先の病院で死亡したほか、1人が意識不明の重体、2人がケガをしました。4人はいずれも車の運転免許を持っていない可能性があるということで、県警では4人の身元の確認と事故の状況を詳しく調べています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00010000-tvkv-soci

 

スポンサーリンク

 

事故が発生した場所

 

事故が発生した場所はどこだったのでしょうか。

 

事故が発生したのは、

神奈川県横浜市青葉区すすき野1丁目の市道ということです。

 


参照元:テレビ神奈川(事故発生現場)

現場は十字路交差点手前の片側1車線の直線道路で、

事故発生当時路面は濡れていたということです。

 

スポンサーリンク

 

現場の様子

 

現場の様子はどうなっているのかまとめてみました。

 


参照元:テレビ神奈川

スポンサーリンク

 

事故の詳細

 

事故発生日 3月11日
事故発生時間 午前1時半頃
事故現場 神奈川県横浜市青葉区すすき野1丁目の市道

 

乗用車は対向車線を横切った後、歩道に乗り上げ、電柱や車止めなどをなぎ倒して止まった。

 

事故当時、路面が濡れていたことから

乗用車がスリップした可能性があります。

乗用車には、4人が乗っており全員未成年だったということです。

 

1人は道路に投げ出され亡くなり、

1人は意識不明の重体、2人が怪我をしたということです。

 

運転していた少年らは、運転免許証を持っていなかった可能性があるとしています。

運転免許証がないということは、18歳未満または携帯していなかったということでしょう。

両親の車を借りて運転していたのではないでしょうか。

 

幸い歩道には誰も歩いておらず、少年ら以外にけが人は発生していません。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

免許を持っていなかった可能性があるというのは

何も弁護できない状態です。

ただ、歩行者等をもしひいてしまったら

取り返しがつかないことになっていました。

怪我が早くなるといいですね。

また亡くなった少年のご冥福をお祈り申し上げます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。