靖国神社中国人放火!犯人は誰?逮捕された男はとんでもない人物だった!?

東京都千代田区九段下にある靖国神社で12月12日、新聞に火をつけたとみられる中国人が逮捕されました。

 

逮捕された中国人は、靖国神社へ放火しようとした疑いがかけられています。

事件の真相を調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

靖国神社へ放火した疑いの中国人を逮捕

 

東京・千代田区にある靖国神社に無断で侵入した中国人の55歳の男が、警視庁に逮捕された

建造物侵入の現行犯で逮捕された、中国人で自称・公務員の郭紹傑容疑者(55)は、22日午前7時すぎ、千代田区九段北の靖国神社に無断で侵入し、神門付近で火をつけたところ、警戒中の警備員によって身柄を取り押さえられた。
調べに対し、郭容疑者は、靖国神社に侵入したことについて認めているという。
警視庁は、郭容疑者と一緒にいた女性についても、現在、任意で事情を聴いている。
警視庁は、郭容疑者が抗議のため、靖国神社に侵入したとみて、くわしい動機を調べている。
参照元:FNN.prime

 

スポンサーリンク

 

中国人がとった行動は?

 

実は、報道されている内容と実際に逮捕された中国人との行動に違いがあるようです。

 

報道では、「新聞紙に火をつけた」と記載がありますが、実際は違ったようですね。

こちらが実際の映像です。

 

 

これがパフォーマンスだとしたらすごいですね。

自分でも撮影していることから、世界に発信するつもりだったのでしょうか。

スポンサーリンク

 

中国版ツイッターにも掲載される

 

実は、この動画は、中国版ツイッターと言われる「微博(ウェイボー)」にも投稿されました。

 

中国のメディアは、「中国人の男が靖国神社の前で新聞に火をつけ南京大虐殺に抗議している。」としました。

 

コメントも続々届いており、「行動は狂ってる」「火をつけるのは理性に欠けている」というコメントが多々あったそうです。

 

スポンサーリンク

 

事件発生場所は?

 

事件が発生したのは、東京都千代田区九段下にある靖国神社です。

 

スポンサーリンク

 

ネットの反応は?

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

中国人がとった行動は許すべきではありませんが、日本の警備体制にも疑問が生じます。

 

後ろで声をかけるだけではなく、強制的に退場させるべきです。

何かあってからでは遅いんですから。

しかし、警備員の命の危険もありますから一概には言えません。

 

今後このような危険な反日活動が日本国内で起きないことを祈ります。

スポンサーリンク




1 個のコメント

  • この件について、「 南京大虐殺…… 」を「 北京天安門南京大虐殺…… ○○首相 」とすべきでは、ないでしょうか。双方あわせての死傷者数が、把握できている事です。  

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。