柳津町火事!火災でインドネシア人2名死亡か 現場の画像まとめ

スポンサーリンク



 

2月15日午前2時40分頃、

福島県柳津町の住宅で、火災が発生しました。

 

火は3時間半ほどで消し止められましたが、

焼け跡から2名の遺体が発見されました。

亡くなったのは、この住宅に住む

インドネシア人の可能性が高いということです。

 

火事の詳細や現場の画像等まとめてみました。

 

 

柳津町の住宅で火災発生

 

15日午前2時40分ごろ、柳津町の民家から出火、木造2階建て住宅と、隣接する木造2階建て住宅2棟の計3棟を全焼し、火元の民家から2人の遺体が見つかった。火元の民家に住むインドネシア国籍で20~30代の会社員女性5人のうち、27歳と30歳の2人と連絡が取れなくなっており、会津坂下署は遺体はこの2人の可能性が高いとみて身元の確認を急いでいる。
5人は、同町に工場のある安全靴製造の従業員。同社によると、行方不明の2人はインドネシアにある同社の現地法人から出向し、柳津工場で働いていた。火元の民家は借り上げ社宅で、2人は昨年2月に入居した。出火当時、逃げ出した3人は1階、行方不明の2人は2階で寝ていたという。
消防関係者によると、1階中央の居間付近の燃え方が激しく、火元とみられる。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190216-00010001-minyu-l07

 

火事が起きた場所

 

火事が起きた場所はどこだったのでしょうか。

 

火事が起きたのは、

福島県柳津町柳津の木造2階建ての住宅です。

 

JR会津柳津駅から南に1キロほどの住宅街ということです。

 

現場は、作業靴などを製造する「シモン」の寮でした。

 

 

現場の画像

 

現場の様子です。

 


参照元:日テレNEWS24映像

この火事で、火元の木造2階建ての住宅と、隣接する木造2階建て住宅2棟の計3棟を全焼しています。

 

ここには、インドネシア人5人が暮らしており、

2階に住む27歳と30歳の女性と現在連絡が取れなくなっています。

 

他の3人は1階に住んでおり、無事逃げ出すことができました。

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

現在火事の原因を捜査中です。

 

このインドネシア人の方々は日本語が喋れなかったらしいです。

助けを呼べなかったのかもしれませんね。

 

日本は今後多くの移民がやってきます。

このような事件がさらに起きるかもしれません。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。