柳川市本城町事故 高校生2名が巻き込まれ重傷また高齢者が絡む事故 現場の画像あり

 

6月10日午後5時頃、

福岡県柳川市本城町の県道で、

72歳の男性が運転する車と31歳が運転する車が

衝突する事故が発生しました。

この事故で信号待ちをしていた高校生2名が重傷を負っています。

事故現場の様子を調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

柳川市本城町で高校生2名が巻き込まれる事故

 

10日夕方柳川市の交差点で車2台が絡む事故があり、近くにいた男子高校生2人が巻き込まれました。2人の命に別状はないということです
警察などによりますと10日午後5時半ごろ柳川市本城町の交差点で右折しようとしていた72歳の男性が運転する車と直進していた31歳の男性が運転する車が衝突しました。この事故のはずみで直進していた車が近くの歩道上で信号待ちをしていた2人の男子高校生に突っ込みました。
2人の高校生のうち、ひとりは頭を打ち、ドクターヘリで搬送され、もうひとりは右足骨折の疑いで救急搬送されましたが2人とも意識はあり、命に別状はないということです。現場は県道と市道が交わる三差路で警察が事故の原因を詳しく調べています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190611-11293067-kbcv-l40

 

スポンサーリンク

 

事故が発生した場所

 

事故が発生したのはどこだったのでしょうか。

参照元:テレビ西日本

事故が発生したのは、

福岡県柳川市本城町の県道です。

現場は柳川市役所から200メートルほど離れた市の中心部です。

 

スポンサーリンク

 

事故現場の様子

 

スポンサーリンク

 

参照元:テレビ西日本

 

この事故で私立柳川高校に通う

2年生と1年生が頭や足の骨を折る重傷を負っています。

 

スポンサーリンク

 

SNSのコメント

 

先月の滋賀の右直事故と同じような事故ですね。今回は亡くなられた方がいなくて不幸中の幸いですが、高校生ではなくこれが園児だったらまた死者が出ていたかもしれません。
歩道の安全対策はもちろんですが、本当に運転する人は車を走らすということを軽く見ず、簡単に人の命を奪ってしまう物を操作しているという自覚をもっともつべきですし、それが無理なら運転をやめてください。

 

青信号での出来事なのか信号の変わり目なのかは分からないが、車を運転していて自分が右折しようとしている交差点で多いなと感じてることがある。
信号が黄色になってもアクセルを開けて交差点に進入してくる直進車が多い。
黄色は止まれ️止まる準備をしなさい。ですよ。
直進車が弾き飛ばされる度合いはその時の速度や当たる角度で変わるとは思いますが、信号のルールを徹底するのも一つではないかと思います。
赤になり待つ時間なんてたかだか数分です。
黄色に変わりブレーキ踏んで止まった時に後方車からクラクション鳴らされたけど、交通ルールを再確認しませんか?

 

右折の方が悪いと思うが、直進がスピード出しすぎの可能性もある。
もうドラレコは全車義務にして、速度も同時に記録できるようにしないといけないのではないかと思う。

 

右折車も悪いが、直進車の速度を確認した方がいい。
しかし、なぜこうもばかばかしい事故が多いのか?
右折は直進が来たら止まっているべき。
信号のタイミングなどもあるかしれないが、きちんとルールを守っていれば、事故は起きない。
しかも、今回もまた高齢者が絡んでいるし。

 

右折が悪いかのは高いとは思いますが、黄色で直進が突っ込んで来た可能性もあります。
交通量の多い道でこれやられると右折は永遠に曲がらない。
信号機を全て矢印にすべきだと思う。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

信号待ちをしていても危ないなら、

どこで待っていればいいんでしょうか。

怪我をした高校生が一刻も早く回復することを祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。