山武市遺体発見!亡くなったのは誰?場所は?手足が縛られた遺体が発見される

 

2月25日午後10時40分頃

千葉県山武市埴谷の製材工場

男性の遺体が発見されました。

遺体は、手足が縛られており、

目立った外傷はなかったということです。

 

事件の詳細や発見場所等

調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

山武市の製材工場で遺体発見

 

 

25日午後10時40分ごろ、千葉県山武市埴谷の製材工場で男性が倒れているのを工場の関係者が見つけ、110番通報した。駆けつけた県警山武署員らが工場内で男性を発見し、その場で死亡を確認。同署などによると、男性は高齢とみられ、体の一部をひも状のもので縛られていた。
同署は、事件の可能性もあるとみて、遺体の身元や死因の特定を急いでいる。
同署などによると、遺体は灰色のトレーナーを着ていた。通報した関係者は「知人と連絡が取れないので工場へ行くと、知人が倒れていた」と話している。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00000513-san-soci

 

スポンサーリンク

 

遺体が発見された工場

 

遺体が発見された場所はどこだったのでしょうか。

 

遺体が発見されたのは、

千葉県山武市埴谷にある製材工場です。

千葉県山武市埴谷には複数の製材工場がありました。

 


参照元:KYODO

こちらが実際に遺体が発見された工場です。

スーパーアクションで調べてみたら、

山武市内に1箇所該当箇所がありましたが、

現場とは少し違ったためここには載せていません。

現場は、JR八街駅から東に約3.5kmの畑や住宅がある地域です。

 

スポンサーリンク

 

亡くなった男性

 

亡くなった男性は誰だったのでしょうか。

性別 男性
年齢 高齢
服装 灰色のトレーナー
状態 手足を縛られた状態、争った形跡なし

 

現在警察が亡くなった男性の身元を調べています。

 

亡くなった男性の知人が

「男性と連絡が取れない」と証言していました。

ということは死後数日経っていたのでしょうか。

またなぜ工場に行ったのか。

遺体が発見さられた工場の従業員だったのでしょうか。

 

また亡くなった男性は、手足を縛られ倒れていたそうです。

ということは自○の可能性は低いのではないでしょうか。

どこかで○害され工場に運ばれてきたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

情報が少なく、亡くなった男性については

あまりまとめることができませんでした。

新たな情報が入り次第更新していきます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。