千葉県市原市山倉ダム 水上メガソーラ大火災!火災の様子は?

千葉県市原市にあり山倉ダムの水上メガソーラで火災があった模様です。

9月9日午後、山倉ダムの水上メガソーラのソーラパネルが台風15号の強風に吹き寄せられ何かのきっかけで火災が発生しました。

現場の様子を調べてみました。

 山倉ダムで火災発生

火災現場の山倉ダムには、約5万枚程のソーラパネルを湖面に浮かべてメガソーラ発電所のようです。

メガソーラ発電所は平地や斜面だけに設備が有ると思っていましたがこんな場所にも設備が出来るんですね。

見た感じだと規則正しくソーラーパネルが並んでいなければならないようですが強風に煽られてソーラパネルが飛んでいるのが確認出来ます。

消防からの報告で台風15号の強風が火災の原因と見られており消化作業のためにはソーラパネルへの通電を止める必要があるようです。

市内では6万5000件ほどの停電が発生しているようですが今回の火災との関連は不明との事です。

そして、まだ消火のめどは立っていないそうです。

 

午後1時、千葉県市原市の山倉ダムで通行人から湖面に浮かぶソーラーパネルから火が出ていると通報がありました。現在も火が広がっているということです。発電に使われている設備であることから、消防は通電の遮断が完了次第、消火活動にあたっているとのことです。

参照:tbs news

 火災発生はどこ?

火災が発生した山倉ダムはどこだったのでしょうか。

火災が発生した山倉ダムは千葉県市原市にありダムの近隣には千葉こどもの国キッズダム、学校などがあるようですが火災による噴煙の影響が心配されます。

現場の様子

ツイッターに投稿された現場の様子ですが復旧できるのでしょうか。

 終わりに

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

現場付近は大変危険になっております。

ケガ人が出ていないことをお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。