矢口智恵美医師殺人事件容疑者は?東根市谷口眼科クリニック眼科医が何者かに殺害される

スポンサーリンク



 

5月19日午後5時50分頃、

山形県東根市のマンションで、

医師の矢口智恵美さんが亡くなっているのが、

矢口さんの弟によって発見されました。

現場の状況から警察は、殺人事件として

捜査を進めています。

 

亡くなった矢口さんについてや事件の詳細について調べてみました。

 

 

東根市医師の矢口智恵美さんが何者かに殺害される

 

山形県東根市のマンションの一室で19日、この部屋に住む女性医師とみられる遺体が見つかりました。警察は女性が殺害された可能性があるとみて捜査しています。
19日午後6時前、東根市の医師・矢口智恵美さんが住むマンションの部屋で、女性が倒れていると、訪ねてきた矢口さんの弟から警察に通報がありました。女性は50代くらいで、衣服を身に着けた状態で倒れていて、すでに死亡していたということです。
矢口さんは眼科医院の院長で、マンションで一人暮らしをしていますが、連絡が取れないことから、警察は遺体は矢口さんとみて身元の確認を急いでいます。また、現場の状況から、殺害された可能性もあるとみて詳しく調べています。
患者の1人は「いい先生。人に恨みをかうような人ではない」などと話しています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190520-00000009-jnn-soci

 

 

遺体が発見された場所

 

矢口さんの遺体が発見されたのは、

矢口さんの自宅マンションということです。

 

参照元:JNN映像 

 

事件が発生したのは、

山形県東根市さくらんぼ駅前3丁目のマンションの2階です。

現場はJR奥羽線さくらんぼ東根駅の

東約300mの場所です。

 

 

亡くなった矢口智恵美さんについて

 

名前 矢口 智恵美さん
年齢 50代
住所 山形県東根市さくらんぼ駅前3丁目のマンション
職業 医師
専門 眼科医
第一発見者

 

矢口さんはこのマンションで1人暮らしをしており、

弟が訪ねてきた際に倒れているのが発見されました。

矢口さんは発見当時、衣服は身につけていたということです。

 

鍵がかかっていたのか、部屋が物色されていたのか

ということは現在公開されていません。

詳しい内容がわかり次第更新していきます。

 

 

矢口眼科クリニックの院長

 

矢口さんは、矢口眼科クリニックの院長だったようです。

 

開設者や管理者のところに

矢口さんの名前があったので間違いないはずです。

 

 

容疑者は誰?

 

現在容疑者についての情報は一切わかっておりません。

また矢口さんがどのように亡くなっていたのかも

報道されていません。

 

医師としては恨みを買うような人物ではなかったということは、

もしかしたらプライベートで何かあったのかもしれません。

もし部屋が荒らされていたり、鍵が空いていれば、

そのように報道されるはずです。

それがないということはおそらく

矢口さんと親しかった人物の犯行ではないでしょうか。

 

以前東京都杉並区の事件のように

ストーカーの犯行の可能性もあるでしょう。

容疑者について新たな情報が入り次第

更新していきます。

 

 

追記

 

矢口さんの顔画像が公開されました。

参照元:NNN映像

 

矢口さんの部屋からは血がついたパターゴルフが発見されており、

死因は頭部打撲による頭蓋骨損傷ということです。

現在も容疑者についての情報は入っておりません。

新たな情報が入り次第追記していきます。

 

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

新たな情報が入り次第更新していきます。

容疑者が早く見つかることを祈ります。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。