和光市殺人事件 犯人の顔画像あり?動機がサイコパスすぎる

スポンサーリンク



埼玉県和光市本町のマンションの一室で、80代の老夫婦が殺害されてた事件で、

犯人は、その老夫婦の孫ということがわかりました。

現在犯人は逮捕されています。

 

この事件は今月18日午後7時25分頃発生しており、翌日19日に容疑者とされる中学生が逮捕されました。

 

今回は、事件の概要や犯人の顔は出ているのか、動機等をご紹介していきます。

 

事件の詳細

 

 

この事件は、10月18日の午後7時25分頃、埼玉県和光市本町にあるマンション「シーハイツ和光」で発生しました。

 

こちらが殺人現場のマンションです。

以下事件の詳細

 

18日午後7時半ごろ、埼玉県和光市のマンションの一室で、この部屋に住む無職の男性(87)と妻(82)が血を流して倒れているのが見つかった。男性は現場で死亡が確認され、妻は重傷。
夫婦の上半身には刃物で刺したり切ったりした複数の傷があった。現場近くでは、少年のものとみられる血の付いた衣服も見つかった。
夫婦と少年は同じマンションの別の部屋で暮らしていた。夫婦の娘で、少年の母親の女性(53)が、妻からの連絡を受けて部屋を訪れ通報した。
マンションの防犯カメラには、少年が東武東上線和光市駅の方向に向かう様子が映っていた。

 

10月19日犯人逮捕

 

昨日19日、殺人未遂容疑の疑いで、祖父母の孫が逮捕されました。

東武東上線川越駅東口のロータリーにいるところを、捜査員に発見されました。

 

この少年は、刃物を所持したまま逃走し、

和光市から、東武東上線に乗り川越駅までいったとされています。

 

おそらく、犯行直後、東武東上線に乗り、川越駅まで逃走。

一夜を川越駅付近で過ごし、朝、休んでいるときに捜査官に発見されたのでしょう。

 

19日は、平日のため、子供が午前9時ころロータリーでうろうろしてたら

怪しむのは当然ですね。

 

 

犯人の動機はなに?

 

この中学生の殺人に至った動機は何なのでしょうか。

祖父母に大きな恨みでもあったのでしょうか。

 

調べてみると、家族に恨みはなかったそうです。

 

真の目的は、「学校の生徒を殺害すること」であったそうです。

 

 埼玉県和光市のマンションで80代夫婦が刃物で殺傷された事件で、祖母に対する殺人未遂容疑で逮捕された孫で中学3年の男子生徒(15)が、県警の調べに「学校に許せない生徒がいて殺すつもりだったが、家族に迷惑をかけたくないので、まず家族全員を殺してから実行するつもりだった」という趣旨の供述をした。

 

これは、サイコパスすぎやしませんか・・・

家族に迷惑をかけたくないから、家族を皆殺しにしてから、生徒を殺害しにいくつもりだったのですね。

ということは、別の棟のマンションに住んでいた両親も殺害する予定だったのでしょうか。

 

もし、母親や父親もその場にいたら、殺害されてしまったのでしょう。

 

 

学校に許せない生徒がいるということは、いじめでも受けていたのでしょうか。

そのことを家族に話すことはできなかったのでしょうか。

 

それとも本当にサイコパスで、些細なことですぐ切れてしまうタイプの少年だったのでしょうか。

 

今後の取り調べて、その経緯はわかりそうですね。

 

犯人の特徴は?

 

犯人の中学生の顔写真は公開されていません。

名前すら公開されていないので、顔写真は公開されることはないのではないでしょうか。

 

しかし、和光市に住んでおり、マンションも特定されています。

通っていた中学校はすでに特定されていると思います。

 

しかし、犯人の特徴として、

身長165cm、黒髪の短髪ということがわかっています。

ただ、学校での成績は優秀そのものであったそうです。

ますますサイコパス臭がして恐いですね。

 

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

動機が動機だけにとても恐ろしい事件でした。

 

残された家族は今後どうしていくのでしょうか。

少年がこんな事件を起こしてしまうのは、少年だけの責任ではありません。

学校や、親が気付くべきです。

 

しかし、この少年が本当にサイコパスだったのなら、この事件を防ぐことは難しかったでしょう。

 

警察は、事情聴取を早急に行い事件の解明を行っていただきたいです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。