北九州市若松区深町火事 火災で1人が死亡 木工作業所や民家5棟を焼く 現場映像あり

 

6月26日午前1時10分頃、

北九州市若松区深町1丁目で木工作業所から火災が発生しました。

またこの火事は民家やアパートなど計5棟を焼き、

1人が亡くなりました。

火災現場の様子を調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

北九州市若松区深町で火災発生

 

26日午前1時10分ごろ、北九州市若松区深町1丁目で「作業所が燃えている」と、近所の住民らから消防に通報が相次いだ。同区の木部勝人さん(81)経営の木工作業所や民家など、計5棟を焼いた。うち全焼した民家の焼け跡から、性別不明の1人の遺体が見つかった。若松署によると、住人の男性(74)と連絡が取れていないという。
署によると、木工作業所と2階建て民家、2階建てアパート(空き家)の3棟が全焼。別の民家2棟の外壁や天井などが焼け、民家1棟の植え込みも燃えた。出火当時、木工作業所は無人だったとみられる。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-00010009-nishinpc-soci

 

スポンサーリンク

 

火災が発生した場所

 

火災が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

火災が発生したのは、

北九州市若松区深町1丁目4番の

木工作業所ということです。

現場は、JR若松駅の北西約1・4キロの木造家屋が密集する住宅街で、

木工作業所・2階建て民家・アパートの3棟が全焼し、

民家2棟も一部が焼けました。

この火事で民家から性別不明の遺体が発見されています。

 

スポンサーリンク

 

火災現場の様子

 


スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

焼けた民家は木造建てということです。

勢いが増してしまったのでしょう。

亡くなった方のご冥福をお祈り申し上げます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。