沼津市東名死亡事故!男性が事故で車から投げ出される!現場の画像

 

2月22日午前4時頃、

静岡県沼津市の東名高速道路の入り口付近で

乗用車が事故を起こす事故が発生しました。

 

この事故で運転していたとされる男性が、

道路脇ののり面の下で遺体で発見されています。

事故の詳細や現場の画像等まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

東名高速沼津インター流入口で死亡事故

 

2月22日朝、沼津市の東名高速道路の入り口付近で乗用車が事故を起こし、近くの道路脇で1人の遺体が発見されました。
22日午前4時ごろ、沼津市岡宮の東名高速道路沼津インターに流入する道路上で、乗用車が事故を起こして止まっているのを、通りがかった人が発見し警察に通報しました。警察が駆け付けたところ車内に人の姿はなく、道路脇ののり面の下で1人の遺体が見つかりました。遺体は県内の男性とみられ、警察が身元の確認を急いでいます。
事故を起こした車の左側が破損していたことなどから警察は、事故のはずみで運転手が車から外に放り出された可能性があるとみて詳しい状況を調べています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00010001-sbsv-l22

 

スポンサーリンク

 

事故が発生した場所

 

事故が起きた場所はどこだったのでしょうか。

 

事故が発生したのは、

静岡県沼津市岡宮の

東名高速道路沼津インターに流入する道路です。

その道路脇ののり面に男性の遺体が発見されました。

 

スポンサーリンク

 

事故の現場の様子

 

事故現場の様子です。


参照元:SBS映像

車は、左側が破損していたということです。

 

スポンサーリンク

 

事故の詳細

 

事故発生日 2月22日午前4時より前
事故現場 静岡県沼津市東名沼津インター流入道路
事故内容 男性が事故を起こし、道路脇ののり面の下に落下

 

事故を起こしている車が発見されたのは、

午前4時頃です。

事故はそれより前に発生していました。

 

警察が駆けつけた時、運転席に運転手はおらず

道路脇ののり面の下で遺体が発見されました。

 

事故が起きた際、その衝撃で男性が放り出された可能性が高いということです。

おそらく男性はシートベルトをしていなかったのではないでしょうか。

シートベルトをしていれば投げ出されなかったかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

不慮の事故というと言い方は悪いですが、

シートベルトさえしていれば防げた死亡事故です。

 

ご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。