梅本寛之顔画像特定?Twitter特定か!鶴見大学歯学部付属病院の医師がわいせつ行為!

 

2018年12月に20代の女性にわいせつな行為をしたとして、

鶴見大学歯学部附属病院の医師、梅本寛之容疑者

1月7日に逮捕されました。

 

女性に目隠しをしてわいせつな行為をしたといいますが、

一体何をしたのでしょうか。

 

また余罪等はあるのでしょうか。

 

調べてみました。

 

 

鶴居大学歯学部附属病院の医師梅本寛之容疑者逮捕

 

2018年12月、神奈川・横浜市の鶴見大学歯学部付属病院で、歯科医師の29歳の男が、治療中に女性患者にわいせつな行為をした疑いで逮捕された。
準強制わいせつの疑いで逮捕された歯科医師・梅本寛之容疑者(29)は、2018年12月、勤務先の鶴見大学歯学部付属病院で、診療中に患者の20代の女性会社員に、タオルで目を隠した状態で、わいせつな行為をした疑いが持たれている。
警察によると、女性は複数回、治療で通っていて、当日は時間外診療で、診療室内には、ほかに人がいなかったという。
調べに対し、梅本容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めていて、警察は、余罪を調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190107-00409168-fnn-soci

わいせつな行為をしたのは、2018年12月12日の時間外ということです。

 

鶴見大学歯学部附属病院は、16時30分までといいます。

被害者の女性は、仕事終わりに病院へよったのでしょうか。

時間外治療ということで、犯行時間は17時〜18時くらいでしょうか。

 

 

患者を守る立場の人間が、逆に患者の弱みに漬け込んで

わいせつな行為をするとは考えらないことです。

 

 

梅本寛之容疑者の情報

 

現在までに判明している梅本寛之容疑者の情報をまとめてみました。

 

・名前:梅本 寛之(うめもと ひろゆき)
・年齢:29歳
・住所:神奈川県横浜市青葉区あざみ野
・家族構成:不明
・職業:鶴見大学歯学部附属病院スタッフ

また、専任教員県研究の歯内療法学の教員でもあるといいます。

 

29歳で教員というのも素晴らしい実績です。

頭も良く将来有望であったはずが、こんな事件で将来を棒にふるってしまいました。

 

梅本容疑者の顔画像等は現在特定されていません。

 

 

鶴見大学歯学部附属病院はどこ?

 

鶴見大学歯学部付属病院はどこにあるのでしょうか。

 

 

鶴見大学歯学部付属病院は、神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3にあります。

 

この病院のモットーは

患者様主体の治療を考える病院であるために」です。

 

このモットーも梅本容疑者一人の愚かな行為で

何に意味もなくなってしまいました。

 

歯の治療にわいせつな行為は必要だったのでしょうかね。

 

 

梅本寛之容疑者のTwitter特定?

 

梅本寛之容疑者らしき人物のTwitterがありました。

 

 

2012年の投稿です。

 

今から6年前、梅本容疑者は23歳でしょうか。

 

23歳というと大学5年生。

医学生なら可能性はありそうですね。

 

 

梅本寛之容疑者のわいせつ行為とは

 

一体梅本容疑者はどのようなわいせつな行為をしたのでしょうか。

 

「女性に目隠しをして、わいせつな行為をした」

 

という記述しかないため、これ以上は知ることはできません。

 

しかも、時間外診療で他に人がいなかったといいます。

 

こんなの何でもし放題じゃないですか!!!

 

計画的犯行に間違いありませんね。

 

きっと女性の横で自慰行為をしたり息をかけたりしたのではないでしょうか。

 

欲を抑えきれない男は恐ろしいものです。

 

しかもこの被害者の女性は複数回この病院へ通っていたといいます。

可哀想に、変態医師梅本容疑者に狙われていた可能性もありますね。

 

 

梅本容疑者の余罪は?

 

実は、梅本容疑者には余罪もあったのです。

 

警察の調べでは、「他の患者にも同じことをしていた」

と供述しています。

 

同じこと=目隠しだとは思いますが、

目隠しだけに収まるはずがありませんよね。

 

きっともっとみだらな行為をしたのでしょう。

 

こんな変態医師は、宮刑に処すべきです。

 

 

終わりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

世の中には恐ろしい変態医師もいます。

仕事中に自分の欲望を抑えきれないとは・・・

 

女性の方は本当に気をつけてください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。