台風6号2019東海,関東進路予想は? 27日までに100mを超える大雨か?

スポンサーリンク



 

2019年7月26日午前9時に、

台風6号が和歌山県の潮岬の南南東約430km付近で発生しました。

現在は強風域しか伴っていません。

27日土曜日は全国各地で花火大会が行われる予定でしたが、

中止を決定した場所が多いですね。

東海や関東地方にはいつくるのか、どのくらいの雨が降るのか、

進路予想等調べてみました。

 

 

台風6号が潮岬の南南東430kmで発生

 

紀伊半島の南海上を北進する台風6号は、27日正午から深夜にかけて東海地方に最接近する見通しだ。東海地方に接近後、進路を東に変えてゆっくりとした速度で進む可能性があり、気象庁は28日も静岡県を中心に長時間続く大雨による土砂災害や浸水への警戒を呼び掛けている。
気象庁によると、東海地方では26日夕方から各地で風雨が強まり、27日は終日、各地で雷を伴う激しい雨になる可能性がある。27日午前6時から28日午前6時までに予想される24時間雨量は、愛知県、岐阜県で100~200ミリ、三重県で100~150ミリの見通しという。
名古屋地方気象台の担当者は「夏場は上空の風が弱く、台風の進行速度も遅くなりやすい。長時間降り続く雨による被害に十分気をつけてほしい」と話す。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190726-00000069-asahi-soci

 

 

最新の進路予測(7月26日午後3時42分現在)

 

 

7月26日に発生した台風6号ですが、

現在潮岬の南290km付近に存在しています。

以下では今後の台風の強さの予報等調べてみました。

 

・7月26日午後3時45分の予報

進行方向、速さ 北北西 20km/h
中心気圧 1000hPa
中心付近の最大風速 18m/s
最大瞬間風速 25m/s

 

・7月27日午前3時の予報

存在地域 潮岬の南南西約80km
予報円の中心 北緯 32度50分
東経 135度30分
進行方向、速さ 北北西 20km/h
中心気圧 1000hPa
中心付近の最大風速 18m/s
最大瞬間風速 25m/s

 

・7月27日午後3時の予報

存在地域 津市付近
予報円の中心 北緯 34度40分
東経 136度30分
進行方向、速さ 北北東 20km/h
中心気圧 1004hPa
最大風速 18m/s
最大瞬間風速 25m/s

 

 

・7月28日午後3時の予報

存在地域 関東の東
予報円の中心 北緯 36度00分
東経 141度25分
進行方向、速さ 東北東 20km/h
中心気圧 1010hPa

 

 

東海や関東に最も近づくのはいつ?

 

現在の進路予想では、

27日の朝に紀伊半島付近に進み上陸する恐れがあるということです。

上記の予想通りに進めば、

27日の午後には三重県付近を通過しそうですね。

 

そして台風は28日朝には熱帯低気圧に変わっているようです。

熱帯低気圧になったのちに関東へ最も近づくものと思われます。

 

確かに中心の気圧も1000hPaとそこまで強い台風ではありません。

強くないと言ってもこれまでの台風と比べたらです。

雨量は大変多くなることでしょう。

 

 

雨はどのくらい降る?

 

上記の表は東海地方を表しているものです。

27日朝から28日にかけて、少なくとも100m以上

降る地域もありそうです。

 

関東地方でも熱帯低気圧になったとしても、

大気の状態が非常に不安定になるため、

雷を伴った大雨が降る恐れがあります。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

今回の台風は勢力が弱いからといって

油断してはいけません。

台風であることに変わりはありません。

早いところでは、26日の夜から雨が降り始めます。

お気をつけておかえりください。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。