冨田幸誠の顔画像公開!容疑者は現在どこ?広島市中区銀山町強盗殺人事件の容疑者!

 

2月19日から20日にかけて

広島市中区銀山町で発生した

殺人事件の容疑者の顔が公開され、

全国に指名手配となりました。

容疑者の名前は、冨田幸誠です。

 

冨田容疑者について詳しく調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

広島市中区銀山町殺人事件

 

20日朝、広島市の元旅館の建物で86歳の男性が殺害されているのが見つかり、警察は強盗殺人事件として捜査している。
事件があったのは広島市中区銀山町の元旅館の建物。20日午前6時半ごろ、ここに暮らしていた植松一廣さん(86)が1階の廊下で血を流し死亡しているのを妻が見つけた。植松さんは首など複数箇所を切られたうえ、かばんが開けられ、物色された跡があったという。
近所の人によると、植松さんは近年、人づきあいが少なく自宅に出入りする人もあまり見られなかったという。
犯行は19日夜から20日朝にかけて行われたと見られている。警察では、強盗殺人事件としており、21日に司法解剖を行う予定。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190220-00000107-nnn-soci

 

 

広島市中区銀山町殺人事件詳細

 

上記のリンクで広島市中区銀山町殺人事件の

詳細をまとめておきましたので、

お時間があればご確認ください。

 

スポンサーリンク

 

冨田幸誠容疑者指名手配

 

 

広島市中区銀山町(かなやまちょう)の住宅で、この家に住む無職植松一広さん(86)が殺害された事件で、広島県警は24日、冨田幸誠(ゆきのぶ)容疑者(34)を強盗殺人容疑で全国に指名手配したと発表し、顔写真を公開した。
県警によると、冨田容疑者は19日夜から20日朝、植松さんの首や胸を刃物のようなもので十数回刺して殺害し、現金を奪った疑いがある。捜査関係者によると、現場の東側の公園に、逃走時のものとみられる足跡と血痕が残っていた。冨田容疑者は事件後、県内の病院で左手の親指付近を9針縫う治療を受け、その際と現場に残されたDNA型が一致したという。
県警は22日に逮捕状を取って行方を追っていたが、同日正午ごろJR福山駅(広島県福山市)の防犯カメラに映っていたのを最後に足取りがつかめず、公開捜査に切り替えた。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-00000024-asahi-soc

 

スポンサーリンク

 

冨田幸誠容疑者について

 

現在までに特定されている

冨田容疑者についての情報をまとめました。

 

名前 冨田 幸誠(とみた ゆきのぶ)
年齢 34歳
住所 不定
職業 不詳
身長、体重 160cm、小太り
装飾品、服装等 左手の親指に包帯、黒縁メガネ、黒のジャケット
容疑 強盗殺人

 

冨田容疑者は事件後、

親指を9針縫ったということです。

また、2月22日冨田容疑者が福山市内のインターネットカフェを利用し、その後JR福山駅構内で似た男を防犯カメラで確認されています。

 

どこかに移動した可能性が高いです。

 

スポンサーリンク

 

冨田幸誠容疑者の顔画像

 

警察が冨田容疑者の顔を公開し、

全国に指名手配をしました。

 


参照元:時事通信

こちらが冨田容疑者の顔画像です。

この顔を見かけたら、

情報提供は広島中央署(082・224・0110)か110番へということです。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

もし何か情報をお持ちでしたら、

警察にすぐに連絡してください。

またコメントに書き込んでいただけたら、

筆者が警察へ連絡致します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。