東京家裁殺人未遂!霞が関殺傷事件 米国籍の男が逮捕!容疑者の顔や現場の様子まとめ!

 

3月20日午後3時20分頃、

東京都千代田区霞が関1

東京家庭裁判所の入り口で、

女性が男に刃物で刺される殺傷事件が発生しました。

 

男は、女性を刺した後逃走しましたが、

現場から300m離れた内幸町交番付近で

身柄を確保され、殺人未遂の疑いで逮捕されました。

 

事件の詳細や現場の様子等まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

霞が関東京家庭裁判所入り口で殺人未遂事件

 

20日午後3時半前、東京・霞が関にある東京家庭裁判所の玄関付近で31歳の女性がいきなり男に刃物で刺され、意識不明の重体になっています。
刺したのは離婚調停中の夫で、女性を待ち伏せしていたとみられ、殺人未遂の疑いで逮捕されました。
20日午後3時20分ごろ、東京・千代田区霞が関にある東京家庭裁判所で「裁判所の1階の玄関で女性が首を刺された」と、裁判所を訪れていた女性から110番通報がありました。
警察官が駆けつけたところ31歳の日本人の女性が首を刺されていて、病院に搬送されましたが意識不明の重体になっています。
警視庁によりますと、女性は離婚調停の協議のため裁判所を訪れたところ、持ち物検査の前でいきなり男に刺されたということです。
女性を刺したのはアメリカ国籍の32歳の夫で、女性を待ち伏せしていたとみられています。
夫は現場から日比谷公園の中を走って逃走しましたが、まもなく公園内にある交番の近くで警察官に取り押さえられ、殺人未遂の疑いで逮捕されました。
警視庁によりますと、夫は身柄を確保された際、折り畳み式ナイフなど刃物を3本所持していたということです。
また、夫は自分の腕を刺してけがをしているということです。
警視庁は、当時の状況や詳しいいきさつを調べています。
参照元:https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190320/0027144.html

 

スポンサーリンク

 

逮捕された男の特徴

 

逮捕された男の特徴をまとめてみました。

 

名前 不明
年齢 32歳
国籍 アメリカ国籍
住所 不明
女性との関係性
所持品 バタフライナイフの他複数の刃物を所持

 

被害者の女性と容疑者の男は、

離婚調停中だったということです。

男は、東京家裁前で女性を待ち伏せし

持ち物検査のまで、突然女性を刺したということです。

女性は意識不明の重体となっています。

 

男は犯行後、逃走しましたが、

東京家裁から約300m離れた内幸町交番付近で身柄を確保されました。

 

スポンサーリンク

 

殺人未遂事件が発生した場所

 

事件が起きた場所はどこだったのでしょうか。

事件が発生したのは、

東京都千代田区霞が関1丁目1−2に所在している

東京家庭裁判所です。

 

また男は、東京家裁で犯行を犯した後、

内幸町交番付近で逮捕されました。

 

スポンサーリンク

 

現場の画像

 

ツイッターに投稿された現場の画像をまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました

容疑者について新たな情報が入り次第更新していきます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。