東京駅浸水!現場の様子や画像 JR東京駅ー東京メトロ大手町を結ぶ通路で水漏れ

 

2月3日午前8時頃、

JR東京駅と東京メトロ大手町を結ぶ

地下通路が浸水しているのが見つかりました。

 

この浸水で地下通路は一時通行止になっていました。

飲食店の配管の継ぎ目から水が漏れたのが原因だそうです。

 

現場の様子等まとめてみました。

 

 

東京駅地下通路が浸水

 

3日朝、東京駅の構内の一部が浸水し、通路が封鎖されるトラブルが起きた。
午前8時ごろ、JR東京駅と東京メトロ大手町駅を結ぶ地下連絡通路の一部が浸水しているのが見つかった
地下街の飲食店付近の配管から水が漏れ出したのが原因とみられ、午前11時50分現在も連絡通路の一部が封鎖されている。
このトラブルで、運行に影響は出ていない。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190203-00411205-fnn-soci

飲食店の配管工事は、

2月2日の深夜から行われており、午前11時に復旧したそうです。

 

 

浸水事故の詳細

 

東京駅の地下通路が浸水したのは、

飲食店の配管の継ぎ目から水が漏れたのが原因です。

 

JR東日本に夜と、地下通路長さ50メートル、幅7〜8メートルの範囲で深さ5cmの浸水があったそうです。

 

配管の復旧作業は2月3日午前11時には終了しておりましたが、

それ以降も地下通路は一時閉鎖されていました。

 

現在閉鎖は解除されています。

 

当時は、在来線等に問題はなかったそうです。

 

 

現場の動画や画像

 

現場の様子はどうなっていたのでしょうか。

 

 


参照元:FNN

 

大きな問題はなかったようですね。

 

JR東京駅と東京メトロ大手町の通路が

使用できなかったのは、利用者にとってかなり不便だったことでしょう。

 

これが平日に起きていたら暴動が起きていたかもしれませんね。

午前8時って一番駅が混むときなんではないでしょうか。

 

何より問題が解決されてよかったです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。