徳島市強盗事件!中常三島町ブティックら・レーヌで発生!容疑者の特徴は?

スポンサーリンク


 

3月24日午後7時50分頃、

徳島市中常三島町のブティック

強盗が押し入りました。

 

男は女性店員に刃物で現金を出すよう要求し

現金約1万円を奪って逃走しました。

 

事件の詳細や容疑者の特徴、事件現場等調べてみました。

 

 

徳島市中常三島町のブティックに強盗

 

24日午後7時50分ごろ、徳島市中常三島町2のブティックの女性オーナーから、「店員が脅されて金を盗られた」と110番があった。男は店員の50代女性に凶器のようなものを見せて、約1万円を奪って逃走した。女性にけがはなかった。県警が強盗事件として男の行方を追っている。
現場は徳島大学常三島キャンパスから北へ約400メートル。店舗や学生向けマンションなどが建ち並んでいる。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190324-03179695-tokushimav-l36

 

 

事件が発生した場所

 

強盗事件はどこで発生したのでしょうか。

 

事件が発生したのは、

徳島県徳島市中常三島町2丁目19−1にある

ブティック「ら・レーヌ」ということです。

 

 

容疑者の特徴

 

現在までに明らかとなっている容疑者の特徴をまとめてみました。

 

性別
年齢 50代くらいの中年
服装 水色っぽいズボンに白の靴
その他 手袋をし刃物を所持

 

脅された女性店員は、

正面から容疑者を見たわけではないということですが、

声色が中年だったということです。

また、単独犯なのかグループによる犯行なんかは

現在わかっておりません。

 

 

事件の詳細

 

事件発生日 3月24日午後7時50分頃
事件現場 徳島県徳島市中常三島町2丁目19−1「ら・レーヌ」
犯行内容 刃物で店員を脅し現金1万円を奪って逃走

 

ブティックは午後7時に閉店した。女性店員が出入り口の鍵を閉めて店内で片付けをしていたところ、背後から近づいてきた男に片手で口をふさがれ、「金を出せ。刺すぞ」と脅された。女性はレジまで連れて行かれ、男に促されるまま5000円札1枚と1000円札5枚ほどを手渡した。
男はもう片方の手に、黒っぽい刃物のようなものを持っていたという。施錠していなかった勝手口から侵入したとみられる。
男は現金を奪った後も「まだあるだろう」とさらに要求。「本当にないです」と女性が答えると、勝手口から逃走した。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190325-03179708-tokushimav-l36

 

容疑者は現金1万円では足りなかったのでしょう。

顔を見られる危険がありながらも

さらに現金を要求しています。

強盗に押し入って現金1万円じゃ確かに足りないです。

今後も犯行を繰り返す可能性があります。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

容疑者は現在も逃走中です。

さらに犯行を繰り返す可能性があります。

戸締り等をしっかりとしてください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。