栃木市旭町発砲事件は居酒屋一様で発生!殺人未遂拳銃で男性を撃って逃走!暴力団同士の抗争か

スポンサーリンク



 

7月21日午前2時半頃、

栃木市旭町の居酒屋で、

40代の男性が拳銃で腹を撃たれる事件が発生しました。

この事件で40代〜50代とみられる男が拳銃を持って現在も逃走しています。

どうやら暴力団同士のトラブルの可能性があるということです。

事件が発生した場所や、

事件の詳細について調べてみました。

 

 

栃木市旭町の居酒屋で発砲!殺人未遂事件発生

 

21日午前2時半ごろ、栃木県栃木市旭町の居酒屋で、40代の男性が拳銃で撃たれたと119番通報があった。男性は意識がある状態で病院へ搬送されたが、腹部を撃たれて重傷という。発砲したとみられる40~50代の男は逃走しており、県警栃木署は殺人未遂容疑で行方を追っている。
同署によると、当時店内では4~5人のグループ同士がトラブルになっていたといい、男が男性に向け拳銃を発砲後、仲間とともに走って逃走したという。撃たれた男性のグループにいた女性が119番通報した。店内には当時、他の客はいなかったとみられる。
同署は現場の状況から、暴力団関係者同士のトラブルがあった可能性があるとみて、男らの行方を追うとともに被害者側のグループから事情聴取。付近住民に注意を呼びかけている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-00000507-san-soci

 

 

事件が発生した居酒屋は?

 

発砲事件が発生した居酒屋はどこだったのでしょうか。

参照元:ANN映像

 

報道内容から事件が発生したのは、

栃木県栃木市旭町16−26にある

居酒屋「一様」で発生したということが判明しました。

JR両毛線と東武日光線の栃木駅から

北東に1キロメートルほど離れた場所で、住宅や店舗が混在する地域にあります。

 

この居酒屋は夫婦で経営しているようですね。

普段は酔っ払いが騒ぐことはあるそうですが、

このようなことはなかったということです。

 

 

容疑者は暴力団関係者か

 

この事件は、40代の男性が居酒屋で

拳銃で腹を撃たれたという事件です。

当時現場には4〜5人同士のグループがトラブルにあったらしく、

40〜50代の男が拳銃を発砲した後、

男のグループは走って逃走しました。

グループでの行動、そして拳銃の所持ということで、

おそらく暴力団の犯行の可能性が高いのでしょうね。

 

栃木県には親和会という住吉一家の指定暴力団があるようです。

本家は栃木県宇都宮市今宮にあり、

栃木県、茨城県、群馬県にかけて、住吉会でも一、二を争う広大な縄張りを持っています。

 

同じ組内の争いなのか、それとも他のグループとの争いなのか

現在わかっておりませんが、

同じ居酒屋で飲んでいたということは、

おそらく同じ組員だったに違いありませんね。

 

現在容疑者は拳銃を持ったまま逃走し、

被害者の男性は腹を撃たれ、重傷ということです。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

警察は殺人未遂事件として栃木県と近隣の群馬県、

埼玉県に緊急配備を敷いて男の行方を追っているということです。

容疑者の男が早急に逮捕されることを祈ります。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。