【三国志の名士の墓】龐統祠墓と蒋琬祠墓

今回はお墓特集ということで蜀の2人の名士のお墓を

紹介します。

蜀の未来を創った龐統と諸葛亮死後、蜀を支えた蒋琬です。

 

龐統とは

 

龐統、字を士元といいます。

荊州の襄陽郡の生まれで、別名「鳳雛」とも呼ばれていました。

諸葛亮孔明が「伏龍」龐統が「鳳雛」。この2つの名前は聞いたこと

がある人も多いのではないでしょうか。

龐統は諸葛亮とは逆なタイプでした。

口下手であり、司馬徽(人物鑑定で有名)に才能を認められるまでは

全く評判を得ませんでした。

しかし、その後は頭角を現し、孫権領の郡に仕え、

最後には劉備の軍師になります。

龐統は、劉備が荊州を領した時に劉備に仕えています。

最初は県令の職に就いていましたが、仕事が暇すぎて、やる気が起き

ずついに罷免されてしまいます。

しかし、劉備はm魯粛や諸葛亮から「龐統は大役を与えてこそ実力を発揮する。県令なんて彼にやらせるべきではない。」

という助言を受け当時の諸葛亮と同等の地位である、軍師中郎将に

任命されます。劉備はついに伏龍、鳳雛の2枚看板を手に入れます。

龐統は、劉備に劉璋を討つよう進言し、ついに益州遠征を決行させます。

この時、劉備に従軍したのは諸葛亮ではなく、龐統でした。

しかし、龐統はこの益州遠征で流れ矢にあたり戦死してしまいます。

36歳という若さでした。

龐統があと30年生きていたら蜀の運命ももう少し明るかったことでしょう。

龐統の死は劉備を大いに悲しませました。

 

龐統祠墓

 

 

龐統のお墓は四川省徳陽市羅江鎮白馬村にあります。

 

この日はなにやら村のお祭りがあったみたいで、

地元のおじいちゃんお婆ちゃんが門に沿ってなにやら売ったり

何かを食べていたりと不思議な光景でした。

普段はこんな人はいないみたいですね。

門の入り口で10元(約170円)払い中へ

この道は金牛道と呼ばれる道。

成都から西安までを繋いでいた古道。

 

 

このような壁がずっと続きます。

これも歴史がある壁なんだとか。

龐統祠墓の中心地

中には地元の人が麻雀をしたりなんだりで結構騒がしかったです。

 

漢靖候龐統祠

 

龐統のお墓への入り口です。

 

こちらの建物に初めに入っていきます。

龐統像です。入り口から赤色が目立ちますが龐統と何か関係が

あるのでしょうか。

龐統像のほかに三国時代を表した絵が飾られていました。

 

蜀漢五忠

左から李球、張遵、諸葛瞻、黄崇、諸葛尚

諸葛亮と龐統が語っている場面

 

 

こちらの建物にも龐統像

 

龐統のお墓

 

 

正面はこのようになっています。

 

「漢靖候龐士元之墓」

劉備は自ら龐統の墓の場所を選び、祠を建てました。

諸葛亮や張飛も彼の死を惜しみ、弔いに来たそうです。

この祠は清朝康時代に建てられたものです。

 

龐統の他の周りを願い事を唱えながら周ると

願いが叶うというものがあるそうですよ。

 

超秘殿なるものも同じ敷地内にありました。

自然に囲まれていてとても良い場所でした。小高い山の上にあります。

お祭りがなければ・・・

 

蒋琬祠墓

 

続いては、龐統墓から車で1時間半程度離れたところにいある

蒋琬祠墓です。

 

蒋琬とは

 

蒋琬は荊州零陵郡の生まれ。

劉備が入蜀する前に仕官しています。

劉備死後、劉禅、諸葛亮を支えた人物です。頭がよく、内政に優れ

諸葛亮に「国家を担う器がある」と言わせるほどです。

諸葛亮、董允、費禕らとともに「四相」と称されていました。

諸葛亮死後は、国家を任され、最終的には諸葛亮と同じ丞相職

を担っていました。

 

蒋琬墓へ

 

こちらから入場していきます。

 

蒋琬のお墓も少し小高い山の上にあり、今では地元の人が集う公園

になっているようです。

舞踊かなにかをしているおばさま集団に遭遇しました。

 

こちらの建物から撮影した一枚。

遠くにビル群、近くは民家。中国ではよく見る風景です。

3月にこちらへ行きましたが四川省はあまり黄砂の影響を受けない

らしく、視界ははっきりしています。

 

蒋琬墓入り口

 

 

こちらが蒋琬のお墓への入り口となります。

門を抜け、こちらの一本道を歩いていきます。

蒋琬のお墓は、長きに渡る戦乱のため、草木は茂り、荒れ放題

だったそうです。

1849年、李象丙らによって元の地に蒋琬のお墓を再建され、

その時、こちらの石碑が建てられました。

高さ 2.45メートル「漢大使馬蒋恭候墓」と記されています。

 

綺麗な八角系をしています。

高さ4メートル、周囲は25メートル。

龐統のお墓と同じくらいの大きさです、

しかし、形はとても綺麗に作られています。

 

 

お墓の後方に陳寿が記した蜀書蒋琬伝が。(正史三国志)

 

さすが蜀漢の丞相ですね。このような立派なお墓はあまりないです。

劉備や諸葛亮等と比べ、知名度は低いですが、蜀漢を支えた

人物の1人です。立派なお墓があって当たり前ですね。

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

今回はお墓特集ということで、龐統、蒋琬の2人のお墓を紹介しました。

お墓を見ればその人物がどんな地位で、どんな人だったのかを

知ることができます。

劉備のような皇帝は大きなお墓になりますし、龐統や蒋琬のような

軍師や文官のお墓は小さいけれど、それぞれに特徴がありますね。

三国志の時代を生きた人物のお墓は大半が再建、修繕されたものですが、

場所等は昔から同じ場合が多いです。お墓の周りにも

興味深いものがたくさんあります。

龐統、蒋琬のお墓は中国旅行の観光スポットでもあるので

ぜひ一度訪れてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。