メルボルンでテロ!場所や日本人の被害者は?犯人の顔公開?

スポンサーリンク



 

日本人にも人気の観光地オーストラリアメルボルン

テロ事件が発生しました!

 

アメリカのカルフォルニア銃乱射事件に続き、海外では物騒な事件が続いています。

 

メルボルンといえば、留学やワーキングホリデーで多くの日本人が訪れている場所です。

このメルボルンのテロ事件は何が起こったのでしょうか。

起こった場所、日本人の被害者はいたのでしょうか。

 

メルボルンのテロ事件の詳細

 

オーストラリア南東部メルボルンの中心部で9日午後4時(日本時間午後2時)ごろ、男が通りで3人を刺し、1人が死亡、2人が負傷した。
地元ビクトリア州警察はテロ事件として捜査を開始した。動機は分かっていない。男は現場に車で乗り付けた。車に火を放った後、持っていた刃物で周囲の人々を襲い始めた。
車には、バーベキューに使うガス入りのボンベが数本見つかり、警察の爆発物処理班が詳しく調べている。
参照元:Yahoo!ニュース

 

事件が起きたのは、オーストラリアのメルボルンの中心部の繁華街です。

 

テロ事件というより、無差別殺人に近いような感じがします。

夜の繁華街ということもあり、多くの通行人がこの事件に遭遇しました。

ガス入りボンベを何に使おうとしたのか不明ですが、

爆発物があったことにより、地元警察はテロであると判断しました。

 

犯人の顔や特徴は?

 

 

警察が犯人を取り押さえようとしている場面を映したものです。

 

警察は、犯人が刃物を持ち襲い掛かってきたため、正当防衛をもって男を射殺しました。

その一部始終も映されています。

 

警察は、犯人の身元をすでに特定しているようです。

犯人の男は、1990年代半ばにソマリアからオーストラリアへ移住してきましました。

 

州警察高官は「テロ事件として扱っている。この容疑者を以前から知っている」と述べ、家族と共に監視対象者だったことを明らかにした。

 

もともと監視されていた男だったようですね。

この事件も計画的に行われたのでしょうか。

犯人は射殺されてしまったので、事件の動機は永遠に謎のままでしょう。

 

日本人の被害者は?

 

この事件の被害状況は、

1名が死亡、2名が負傷となっています。

 

日本人の死傷者がいたという情報はありません。

 

しかし、オーストラリアは多くの日本人が滞在しています。

今後、このような事件が起きないという保証はないため、警戒心を解かないほうがいいでしょう。

 

日本が平和すぎるため、このような事件は大きな問題となりますが、

海外では頻繁に起こっています。

日本と同じように暮らしていたらいつか被害にあってしまうかもしれません!

 

日本人の反応は?

 

 

おわりに

 

海外での生活はあこがれますが、やはり日本が世界一平和な国と実感します。

殺人事件もめったに起きないし、テロなんてもってのほかです。

 

しかし、海外ではこのような事件が頻繁に起きているのも事実です。

日本人がこのような事件に巻き込まれないためにも、

国がもっと警告すべきではないでしょうか。

海外は日本では味わえないような体験をたくさんできますが、

逆に悪い意味での体験も実際に起こりえます。

 

 

今回の事件で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。