札樽道タンクローリー横転事故!手稲IC付近灯油4000Lが漏れる!現場の画像は?

 

3月29日午前6時25分頃、

札幌市手稲区の札樽自動車道の上り線で、

タンクローリーが横転する事故が発生しました。

この事故で、タンクローリーが積んでいた灯油4000Lが道に漏れ出しました。

 

この事故で、手稲IC〜銭函ICの上下線で通行止めとなっています。

現場画像等まとめてみました。

 

札樽自動車道でタンクローリーが横転する事故

 

 

29日朝、札幌市手稲区の札樽自動車道の上り線でタンクローリーが横転しました。
事故の影響で、札樽道の手稲-銭函間の両方向で通行止めとなり、午前10時現在、解除のメドは立っていません。
事故があったのは、札幌市手稲区手稲本町の札樽道・上り線です。
29日午前6時25分ごろ、小樽方向に向かっていたタンクローリーがスリップして横転しました。
この事故によるけが人はいませんでしたが、タンクローリーが積んでいた灯油4000リットルが路上に漏れ、消防などが除去作業を行っています。
このため、手稲ICと銭函ICの上下線で通行止めとなっていますが、解除のメドは立っていません。
警察によりますと、事故当時、雪が降り路面は雪が積もった状態で、警察が事故原因を詳しく調べています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000004-hokkaibunv-hok

 

スポンサーリンク

 

事故が発生した場所

 

事故が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

 

事故が発生したのは、

札幌市手稲区手稲本町の

手稲IC付近ということです。

現在手稲IC〜銭函IC間の上下線で

運転を見合わせており、解除のめどは立っていないということです。

 

スポンサーリンク

 

現場の様子

 

ツイッターに投稿された現場の様子をまとめました。

 


スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

当時この区間で最高速度は50km/hだったそうで、

相当道路の状態(雪)が悪かったのでしょう。

 

新たな情報が入り次第更新してきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。