高山優斗顔画像特定か?警察官中之条町の反下川で溺死!帰省中に行ったに何が?

スポンサーリンク



 

7月29日午後2時半頃、

中之条町上沢渡の反下川で警察感の高山優斗さんが溺れ、

行方がわからなくなっていました。

30日に警察が創作をする前に、

川底に沈んでいた高山さんが近くの住民によって発見されました。

こんな悲しい事故があっていいのでしょうか。

事故の詳細について調べてみました。

 

 

中之条町の新人警察官が溺死

 

30日午前7時半頃、群馬県中之条町上(かみ)沢渡(さわたり)の反下川(たんげがわ)で、近くの住民らが川底に沈んでいる男性の遺体を見つけた。県警吾妻署の発表によると、男性は群馬県警察学校初任科生の高山優斗巡査(18)(前橋市元総社町)。溺死とみられる。
高山巡査は29日午後、約50メートル上流で高校時代の友人2人と遊んでいたが、高さ約4メートルの崖の上から飛び込んだ際に溺れて沈み、行方がわからなくなっていた。高山巡査は夏季休暇で帰省中だったという。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-00050157-yom-soci

 

警察は29日も捜索しましたが、

発見することができず、30日の午前8時30分から

捜索を開始する予定だったそうです。

その前に遺体となって発見されてしまいました。

 

 

事故現場

 

高山さんはどのような場所で遊んでいたのでしょうか。

 


参照元:https://blog.goo.ne.jp/kayorisa2/e/23cf80482846e6995ea283cb18002069

 

 

高山さんが遊んでいたのは、

群馬県中之条町上沢渡の反下川ということです。

現在夏季休暇中で、高校時代の友人2名と遊んでいたということです。

そして高さ4mの崖の上から飛び込んだ際に、

溺れてしまったということです。

 

 

高山優斗さんについて

 

高山さんが遺体で発見されたのは、

高山さんが飛び込んだ崖から50m下流だったということです。

飛び込んだ後、一度顔を出したそうですが、

その後沈んでしまい姿が見えなくなったそうです。

おそらく飛び込んだ時に水を飲んだのか、

また川の流れも早かったため、パニックになって

さらに水を飲んでしまったのでしょう。

 

筆者も一度だけ川で溺れかけたことがあるのですが、

パニックになると本当に水を飲んでしまいます。

普通に呼吸ができるものだと錯覚するのでしょうかね。

 

それでは現在までに判明している高山さんの情報をまとめてみました。

 

名前 高山 優斗
年齢 18歳
住所 群馬県前橋市元総社町
職業 警察官
所属 群馬県警察学校初任科生
階級 巡査

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

夏のレジャーは本当に楽しいですが、

危険がつきものです。

危険予知をしつつ遊ばないと本当に大変なことになります。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。