高木凌の顔は?津島市生後2ヶ月の子供に暴行し硬膜下血腫を負わす!

 

2月初めから6日にかけて、

生後2ヶ月の子供の頭部や腕に

暴力をふるったとして、

愛知県津島市の会社員

高木凌容疑者が逮捕されました。

 

子供は、硬膜下血腫などのけがを負い大怪我を

しているということですが、命に別状はありません。

 

事件の詳細や高木容疑者について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

津島市で児童虐待容疑で高木凌容疑者逮捕

 

愛知県津島市で、生後2か月の乳児の頭などに大けがをさせた疑いで、23歳の父親が逮捕されました。
逮捕されたのは、津島市唐臼町に住む会社員 高木凌容疑者(23)です。
警察によりますと、高木容疑者は、2月初めから6日までに、自宅で生後2か月の長男に暴行を加え、頭部や腕などに大けがをさせた傷害の疑いが持たれています。
長男は、命に別状はないということです。
母親が病院に搬送し、病院から児童相談所に通報がありました。
高木容疑者は、容疑を否認していて、警察は、暴行した経緯や日常的に虐待があったかなどについて調べを進めています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190207-00010397-cbcv-l23

被害者の子供は、

左腕にあざ、両耳に引っ張ったような跡があるということです。

 

スポンサーリンク

 

高木凌容疑者について

 

現在までにわかっている高木凌容疑者についての情報をまとめました。

 

 

・名前:高木 凌(たかぎ りょう)
・年齢:23歳
・住所:愛知県津島市唐臼町中杁
・職業:会社員
・家族構成:高木凌容疑者、母親、子供2人
・容疑:傷害

 

 

高木容疑者は現在容疑を否認しています。

 

顔画像等は現在のところ公開されていません。

 

スポンサーリンク

 

事件の詳細

 

事件が起きたのは、2月初めから6日にかけてです。

 

高木容疑者は、自宅で生後2ヶ月の長男に暴力をふるいました。

 

怪我に気がついた母親が病院へ連れて行き、

虐待を疑った病院が、児童相談所に報告をしたことによって事件があったことが判明しました。

 

被害者の長男は、左腕にあざ、両耳に引っ張られた跡がありました。

 

また頭部にも大怪我を負って硬膜下血腫等のけがを負っていました。

※硬膜下血腫については下で説明します。

 

被害者の子供は命に別状はないということです。

 

スポンサーリンク

 

硬膜下血腫とは

 

硬膜下血腫には、慢性硬膜下血腫と急性硬膜下血腫があります。

 

今回、被害者は急性硬膜下血腫でした。

以下説明です。

 

硬膜は頭蓋骨のすぐ内側にあり、頭蓋内で脳を覆っている結合識性の強い膜です。この硬膜の内側で脳の表面に出血が起こると、出血した血液が硬膜の直下で脳と硬膜の間に溜り、短時間のうちにゼリー状にかたまって、脳を圧迫します。これが急性硬膜下血腫です。ほとんどが大脳の表面に発生しますが、ごく稀には左右の大脳半球の間や小脳表面(後頭蓋窩)に発生することもあります。急性硬膜下血腫は予後不良を示唆する所見として重要です。
急性硬膜下血腫発生の原因のほとんどが頭部外傷によるものです。最も典型的な発生のしかたは、頭部外傷により脳表に脳挫傷が起こりその部の血管が損傷されて出血し、短時間で硬膜下に溜まるというものです。その他、脳自体の損傷はあまり強くなく、外力により脳表の静脈や動脈が破綻して出血するものもあるとされています。受傷機転は転落、交通外傷、殴打などであり、あらゆる年齢層にみられますが、とくに高齢者に多くみられます。小児ではまれですが、虐待による頭部外傷では比較的多くみられることが知られています
参照元:https://square.umin.ac.jp/neuroinf/medical/305.html

この症状は、高齢者に多く起こる症例のようですね。

 

また虐待を受けた小児にも発生する確率が高いということです。

 

自然に起こるものではないため、

高木容疑者が子供の頭を殴った可能性が高いですね。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

千葉での事件が発生後、全国でこのような報道が多くなっているように思います。

このようなニュースが増えることは

あまりいいことではありませんが、

子供が親から虐待をされていたとう事実が

第3者に伝われば多くの子供救うことができます。

 

全国には虐待を受けている子供がたくさんいるでしょう。

もっと第三者がアンテナを張る必要がありますね。

;




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。