高馬祐子顔画像特定!杉並区死体遺棄赤ちゃんをタオルで包みビニール袋に入れて放置!

 

5月上旬東京都杉並区のアパートのトイレで、

赤ちゃんを出産しその後亡くなった

男の子赤ちゃんを放置したとして、

高馬祐子容疑者が逮捕されました。

 

赤ちゃんはタオルに包まれ、ビニール袋に入れられていたということです。

なんとも悲惨な事件です。

事件の詳細や高馬容疑者について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

自宅アパートに赤ちゃんを遺棄したとして高馬祐子容疑者逮捕

 

自宅アパートのトイレで出産し、死亡した赤ちゃんを放置したとして、東京・杉並区に住む32歳の母親が警視庁に逮捕されました。
死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、杉並区の高馬祐子容疑者(32)で、今月上旬、自宅アパートのトイレで男児を出産し、死亡した赤ちゃんを放置した疑いが持たれています。
9日、高馬容疑者が杉並区役所の職員とともに警察署に相談に訪れたことから発覚したもので、部屋からはタオルにくるまれ、ビニール袋に入れられた赤ちゃんの遺体が見つかったということです。高馬容疑者は妊娠に気づいていたものの、病院に通っていませんでした。
取り調べに対し「泣き声がせず、死んでいると思い放置した」と容疑を認めているということです。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190510-00000049-jnn-soci

 

スポンサーリンク

 

遺体が発見された場所

 

高馬容疑者はどこに遺体を遺棄したのでしょうか。

 

参照元:JNN映像

遺体が発見されたのは、

東京都杉並区の高馬容疑者の自宅アパートということです。

 

スポンサーリンク

 

高馬祐子容疑者について

 

現在までに明らかとなっている

高馬容疑者についての情報をまとめました。

 

名前 高馬 祐子
年齢 32歳
住所 東京都杉並区
職業 不明
容疑 死体遺棄

 

高馬容疑者は5月9日に

警察署に訪れ、赤ちゃんの遺体を放置していることを相談したそうです。

容疑に対し

「鳴き声がせず、死んでいると思い放置した」

と容疑を認めています。

 

スポンサーリンク

 

顔画像公開

 

参照元:JNN映像

 

まずなぜ自宅のトイレで出産しなければならなかったのか。

おそらく望まぬ妊娠だったのではないでしょうか。

父親の存在も不明だし、避妊にはお金がかかります。

そのまま出産してしまった方がお金がかかりません。

そのため病院へ行かなかったのではないでしょうか。

上記については完全に私見ですが、

可能性は高いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

都内では子供の遺体を遺棄する母親が多すぎます。

以前も東池袋でこのような事件がありましたね。

東京都いう世界的にみても地価が高いところに

無理して住まなければ失われなかった命もあったはずです。

このような事件はなくなってほしいですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。