首都高ひき逃げ死亡事件 容疑者の特徴は?千代田区永田町で小宮惇平さんがバイクにひかれ死亡!

 

5月6日午前1時頃、

千代田区永田町の首都高速都心環状線内回りで、

小宮惇平さんが何者かにひき逃げされる事件が発生しました。

小宮さんはこの事故で亡くなっています。

 

小宮さんはバイクに乗っており、

転倒したところ、後続のバイクにはねられたということです。

事件の詳細や容疑者の特徴等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

首都高でひき逃げ死亡事件

 

6日未明、東京・千代田区の首都高速道路でバイクで転倒した23歳の男性が、後ろから来た別のバイクにはねられて死亡しました。
男性をはねたバイクは、そのまま走り去ったということで、警視庁はひき逃げ事件として捜査しています。
6日午前1時ごろ、東京・千代田区永田町の首都高速道路・都心環状線の内回りの千代田トンネルで、23歳の男性がバイクに乗っていて転倒し、後ろから来た別のバイクにはねられ、搬送先の病院で死亡しました。
警視庁によりますと、亡くなったのはさいたま市岩槻区の介護士、小宮惇平さん(23)で、友人2人とバイクでツーリングをしていたということです。
警視庁は、後ろから来た別のバイクが小宮さんをはねる様子が目撃されていることや現場にバイクの破片が残っていたことなどから、ひき逃げ事件として捜査しています。
参照元:https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190506/0029338.html

 

 

スポンサーリンク

ひき逃げ事件が発生した場所

 

事件が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

事件が発生したのは、

東京都千代田区永田町1丁目の

首都高速都心環状線内回りということです。

小宮さんは千代田トンネル内の左カーブを抜けたところで

転倒したということです。

 

スポンサーリンク

 

小宮惇平さんについて

 

ひき逃げでバイクに乗っていた小宮さんが亡くなっています。

 

名前 小宮 惇平さん
年齢 23歳
住所 埼玉県さいたま市岩槻区柏崎
職業 介護職員

 

小宮さんは当時、友人2人とバイクで走行中だったということです。

 

トンネル内の左カーブを抜けたところで転倒し、

後続のオートバイと衝突したということです。

 

トンネル内の左カープを抜けたところで転倒というと、

左カーブを曲がりきれなかったということでしょうか。

それとも体制を立て直せなかったのでしょうか。

もしかしたらスピードを出していた可能性もありますね。

 

スポンサーリンク

 

逃げた容疑者の特徴

 

現在公開されている容疑者の特徴は以下の通りです。

 

・黒っぽいレーシングタイプのバイク

・現場には青色の破片が落ちていた

 

ということです。

容疑者は道交法違反の疑いがかけられています。

 

しかしバイクで人をひいたら、

加害者のバイクも転倒しそうなのですが、そうでもないのでしょうか。

 

首都高で生身の人間が急に止まって救助活動は確かに難しそうですが、

せめてハザードや発煙筒を炊いて、

周りに知らせるくらいの処置はできたはずです。

しかし何もせずに逃走したというのはいけません。

 

バイクが目の前で転倒していたのも知っていたはずです。

 

スポンサーリンク

 

追記

 

容疑者がついに逮捕されました。

逮捕されたのは、鏑木啓太容疑者です。

鏑木容疑者については以下の記事でまとめましたので、

お時間があればお読みください。


鏑木啓太容疑者について

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

23歳の若さでこのような事件で命がなくなってしまうというのはとても悲しいです。

筆者とも同年代ですので尚更。

容疑者についての情報が入り次第更新していきます。

ご冥福をお祈り申し上げます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。