裾野市千福強盗事件 パチンコ店フジコー裾野千福店で630万奪われる!容疑者の特徴公開

 

5月12日午前0時50分頃、

静岡県裾野市千福のパチンコ店

現金630万円が奪われる強盗事件が発生しました。

容疑者の男は、店長に刃物を突きつけ、

両手を後ろで縛った後現金を奪ったということです。

 

事件の詳細や容疑者の特徴を調べてみました。

 

 

裾野市千福のパチンコ店で強盗事件

 

12日午前1時ごろ、静岡県裾野市千福のパチンコ店「フジコー裾野千福店」の店長の男性(35)から「強盗にあった」と110番通報があった。現金約630万円が奪われ、静岡県警裾野署が強盗事件として調べている。
署によると、店長が業務を終えて2階の事務所から出ると、男に包丁を突きつけられ「2階に案内しろ」と言われ、事務所で金庫を開けさせられ、男は現金を奪って逃げたという。
男は身長170センチくらいで、上下黒っぽいジャージー、ベージュのニット帽をかぶりマスクをしていたという。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-00000012-asahi-soci

 

報道当初は現金400万円が奪われたということでしたがその後、

現金630万円だったことが明らかとなっています。

 

 

フジコー裾野千福店

 

強盗事件が発生したのは、

静岡県裾野市千福182にある

パチンコ店「フジコー裾野千福店」です。

現場は畑や工場に囲まれており、

夜は人通りが少ない場所ということです。

 

 

容疑者の特徴

 

現在までに明らかとなっている

容疑者の特徴をまとめました。

 

性別
身長 170cmくらい
体型 中肉
服装 黒いジャージの上下にベージュのニット帽
装飾品 白いマスク
凶器 包丁

 

容疑者の男は、

2階の事務所にいた店長が事務所から出た後、

包丁で「2階に案内しろ」と脅し、

金庫を開けさせ現金630万円を奪って逃走しています。

 

 

SNSのコメント

 

パチンコ店もキャッシュレスになれば、こういった被害も無いし勝った負けたも自身のデータに残ってギャンブル依存症の方が少しでも減るのでは

 

昔、同じくパチンコ店で強盗殺人があった。
今回は現金は取られたものの刃物突き付けられただけで殺されなくて良かったですね。

 

パチ屋の強盗の半分くらいは自作自演だと思っている

 

これはあくまでも俺の個人的感覚ですが、包丁ごときで金庫開けるか?
アメリカだったら逆に犯人が殺されてる

 

定期的に全国のどこかである、パチンコ店の強盗ですね…
本当に強盗なんでしょうか?
自作自演で、税金のがれではないですよね?

 

パチンコ店って、お金が沢山あるのは分かりきってるのに、セキュリティが緩い。ガバガバで、ユルユルやん

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

容疑者は現在も逃走中です。

犯行を重ねる可能性が高いです。

十分にお気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。