吹田市千里山交番強盗殺人未遂容疑者が拳銃を奪った理由は?拳銃の使用目的は?

スポンサーリンク



 

6月16日午前5時40分頃、

吹田市千里山霧が丘の大阪府警吹田署千里山交番前の路上で、

26歳の警察官が刃物で刺され拳銃を奪われる

強盗殺人未遂事件が発生しました。

容疑者は現在も逃走中です。

 

事件の詳細や容疑者の目的等調べてみました。

 

 

吹田市千里山交番前で警察官が刺され拳銃を奪われる

 

16日午前5時半ごろ、大阪・吹田市の千里山交番前の路上で、この交番の26歳の男性の巡査が左胸に包丁が刺さった状態で倒れているのを同僚の警察官などが見つけました。
男性巡査は16日が当直勤務で、病院に搬送されましたが、重傷だということです。
また、男性巡査が所持していた数発の弾が入った拳銃が、取られることを防ぐためのひもごと切られて奪われたということです。
警察によりますと、刺したのは30代くらいの男で、身長が1メートル70センチから80センチくらい、黒っぽいジャンパーを着用していたという情報があるということです。
警察は強盗殺人未遂事件として男の行方を捜査するとともに、付近の住民に外出を控え、家の鍵をかけるなど警戒するよう呼びかけています。
参照元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190616/k10011954391000.html

 

 

事件が発生した場所

 

事件が発生したのはどこだったのでしょうか。

参照元:NHK映像

 

事件が発生したのは、

大阪府吹田市千里山霧が丘の

大阪府警吹田署「千里山交番」前の路上です。

 

 

現場の様子

 


 

容疑者の動機や目的は?

 

容疑者はなぜ警察官を襲って拳銃を奪ったのでしょうか。

 

考えられることは3つです。

 

1つ目は強盗目的で拳銃が必要だった。

スーパーやコンビニでは必要ないかもしれませんが、

銀行強盗などを企んでいたら拳銃が必要になります。

 

2つ目はじさつ用。

容疑者はおそらくじさつ願望があり、

拳銃での自殺が一番手っ取り早いと思ったのではないでしょうか。

 

3つ目は無差別殺人を起こしたかった。

拳銃があれば無差別殺人は簡単にできます。

また警察を刺してまで奪っているということは、

捕まる覚悟がすでにあったということです。

 

現在拳銃には5発の弾が入っているということです。

この5発を何に使うかは不明ですが、

危険なことに変わりはありません。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

現在も容疑者が逃走中です。

絶対に外出をしないようにしてください。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。