杉並区天沼火事荻窪駅付近で火災発生!3人が重軽傷1人が心肺停止 現場の様子まとめ

 

4月28日午後11時頃、

東京都杉並区天沼荻窪駅付近火災が発生しました。

火事は約2時間半後に消し止められましたが、

3人が重軽傷を負い一人が心肺停止状態ということです。

 

現場の様子等まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

杉並区天沼荻窪駅付近で火災発生

 

28日夜遅く、東京・杉並区のマンションで火事があり、火元の部屋から救助された80代の男性が意識不明の重体、2人がけがをしました。
午後11時前、杉並区天沼の4階建てのマンションで「火が出ている」と119番通報がありました。警視庁などによりますと、火事があったのはマンション2階の一室でポンプ車など22台が出動して消火活動にあたり、火は約2時間半後にほぼ消し止められました。火元の部屋からは住民とみられる80代の男性が救助されましたが、意識不明の重体です。また、80代の女性と50代の男性が煙を吸って軽いけがをしました。出火直後には窓から炎が激しく噴き出して周辺は一時、騒然としました。警視庁などは出火原因について詳しく調べることにしています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20190429-00000004-ann-soci

 

スポンサーリンク

 

火災が発生した場所

 

火災が発生したのはどこだったのでしょうか。


参照元:JNN映像

 

火災が発生したのは、

東京都杉並区天沼の4階建てのマンションの

2階と3階の部屋合わせて40平方メートルです。

 

この火事で、50代の男性と80代の女性が重軽傷を負い、

80代の男性が心肺停止状態ということです。

 

スポンサーリンク

 

現場の様子

 

ツイッターに投稿された現場の様子をまとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。