島田市踏切事故2歳の子供が貨物列車にひかれ死亡!現場の様子は?

スポンサーリンク



 

6月22日午前9時半頃、

静岡県島田市高砂町のJR東海道線の踏切で、

3歳くらいの子供が貨物列車にはねられる事故が発生しました。

はねられた子供は意識がない状態でドクターヘリに運ばれました。

 

事故現場の様子や詳細について調べてみました。

 

 

三島市JR東海道線の踏切で男の子が貨物列車にひかれる

 

22日午前9時35分ごろ、静岡県島田市高砂町のJR東海道線島田―六合間の踏切で、貨物列車に男児がはねられた。地元消防によると、男児は意識不明の重体で、ドクターヘリで病院に搬送された。
島田署によると、踏切は遮断機と警報機があり、当時、遮断機は下りていた。男児が踏切内に入ってきたと運転士が話しているといい、同署が身元や詳しい状況を調べている。
現場は島田駅東側の住宅街に位置する踏切。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00000058-kyodonews-soci

 

 

事故が発生した場所

 

人身事故が発生したのはどこだったのでしょうか。

参照元:FNN映像 

 

事故が発生したのは、

JR東海道線島田駅〜六合駅間の踏切です。

静岡県島田市高砂町の踏切で発生したということです。

この事故で3歳くらいの子供が、

貨物列車にはねられました。

 

 

事故現場の様子

 

 

追記

 

島田市のJR東海道線で2歳の男の子がひかれた事故で、

意識不明だった男の子が亡くなったということです。

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

親は一体何をしていたのでしょうか。

線路付近で目を話してしまったのでしょう。

まだまだ3歳くらいの子供は何をするかわかりません。

絶対に目を離してはいけません。

意識が戻ることを祈ります。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。