名古屋市昭和区ひき逃げ!事件現場を特定!被害者の男性も酔っ払い?事件の真相は?

スポンサーリンク



 

7月23日午前1時前、名古屋市昭和区広瀬町の路上で、

61歳の男性が、車にひき逃げされる事件が発生しました。

この事件で男性は腰の骨を折る大怪我を負っています。

当時男性は、酒に酔っていて意識ら朦朧とした状態だったということです。

事件の詳細や事件が発生した場所などを調べてみました。

 

 

名古屋市昭和区でひき逃げ事件か

 

23日未明、名古屋市昭和区の路上で61歳の男性が腰の骨を折る大ケガをしているのが見つかりました。男性は「車にはねられた」と話していることから、警察はひき逃げ事件の可能性もあるとみて調べています。
警察によりますと、23日午前1時前、名古屋市昭和区広瀬町1丁目の路上で61歳の男性から「車にひかれた」と消防に通報がありました。
救急隊員が駆けつけると、男性が路上で座り込んでいて、近くの病院に運ばれましたが腰の骨を折るなどの重傷です。
男性は帰宅途中で、当時酒を飲み酔っ払っていて意識がもうろうとした状態だったということです。
警察は男性から話を聞くと共に、ひき逃げ事件の可能性もあるとみて調べています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00023472-tokaiv-soci

 

 

事件が発生した場所

 

ひき逃げ事件が発生したのはどこだったのでしょうか。


参照元:東海テレビ

事件が発生したのは、

名古屋市昭和区広瀬町1丁目にある路上です。

画像を見ると、一方通行の道路のようですね。

ちゃんと歩道もありますし、事故が起きそうな場所ではなさそうです。

 

被害者の男性も相当酔っ払っていた

 


 

ひき逃げが発生したのは、

午前1時前ということです。

被害者の61歳の男性は、事件当時酒に酔っており、

意識が朦朧とした状態だったということです。

上記では、歩道があり一方通行で、

事故もあまり起きなそうであるとしましたが、

もし、被害者の男性が道からはみ出して歩いていたら、

事故の危険性は高まりますね。

意識が朦朧とした状態だったということですが、

本当にひき逃げされたのかも気になるところです。

自ら転んだ可能性も捨てきれないのではないでしょうか。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

防犯カメラが近くにあるといいのですが。

しかし車の破片が散らばっていたとの報道はないので、

本当にひき逃げだったのか怪しいとことです。

新たな情報が入り次第更新していきます。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。