庄原市殺人事件 帝釈峡で漁協職員が刃物で切りつけれ死亡!現場や容疑者は?

 

3月27日午前7時半ころ、

広島県庄原市にある帝釈峡

男性が何者かに腹や首を切りつけられ

殺害されているのが発見されました。

倒れていた男性の近くには、

凶器とされる刃物が見つかっています。

警察は殺人事件の可能性があるとして捜査をしています。

 

現在容疑者は逃走中です。

現場はどこだったのか、事件の詳細について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

庄原市帝釈峡で殺人事件発生

 

 

27日午前、庄原市東城町の漁業協同組合の敷地内で70代の男性が血を流して倒れているのが見つかり、その後死亡が確認されました。警察は事件に巻き込まれた可能性もあるとみて調べています。
午前7時半頃、庄原市東城町の帝釈峡漁業協同組合で漁協関係者の男性から「男性が血を流して倒れている」と消防に通報がありました。
消防によりますと倒れていたのは74歳の男性で庄原市内の病院に搬送されましたが意識と呼吸がなく死亡が確認されました。
男性が発見された現場近くには血の付いた包丁が落ちていたという事から警察は事件に巻き込まれた可能性もあるとみて調べています。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00000003-tssv-l34

 

スポンサーリンク

 

事件発生場所

 

事件が起きたのはどこだったのでしょうか。


参照元:NNN映像

事件が発生したのは、

広島県庄原市東城町の国定公園「帝釈峡」付近の漁協ということです。

 

スポンサーリンク

 

亡くなった男性

 

亡くなった男性についての情報をまとめてみました。

 

名前 不明
年齢 74歳
職業 帝釈峡漁協職員

 

亡くなった男性は、

腹や首を切られており、頭から血を流して倒れているところを

発見されました。

発見された時にはすでに意識と呼吸がなかったそうです。

 

かなり多くの傷があるということから、

容疑者はこの男性にかなり恨みがあった可能性があります。

また、見つかったのが午前7時半頃ですが、

漁協の朝は早いので、犯行時間はもっと早かった可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

この事件について新たな情報が入り次第

更新していきます。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。