白川村大石哲正さん死亡事故 空自が乗っていたバイクが高齢者の車に追突される 事故現場はどこ?

 

5月25日午後2時半頃、

岐阜県白川村の東海北陸道の椿原トンネルで、

航空自衛官の大石哲正さんが乗っていた

バイクと70歳と73歳が乗っていた乗用車が衝突する事故が発生しました。

この事故で大石さんが亡くなりました。

 

事故の詳細等調べてみました。

 

 

白川村でバイクと乗用車が衝突

 

岐阜県白川村の東海北陸自動車道のトンネルで、25日午後、乗用車とバイクが衝突し、バイクに乗っていた航空自衛官の男性が死亡しました。
岐阜県白川村の東海北陸道の椿原トンネルで、25日午後2時半ごろ、上りを走っていた乗用車と下りを走っていたバイクが衝突しました。
この事故でバイクに乗っていた埼玉県入間市の航空自衛官・大石哲正さん(52)が意識不明の重体で病院に運ばれましたが、およそ2時間後に死亡しました。
乗用車には70歳と73歳の男性2人が乗っていて、病院に運ばれましたが意識はあるということです。
警察によりますと、大石さんは当時、知人3人とツーリング中で先頭を走っていたということです。
現場は片側1車線の中央分離帯がないトンネルで、警察は乗用車がセンターラインをはみ出したとみて、事故の原因を詳しく調べています。
この事故の影響で、東海北陸道の白川郷ICから五箇山ICの上下線で午後2時50分ごろからおよそ4時間にわたって通行止めとなりました。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190525-00022465-tokaiv-soci

 

 

事故が発生した場所

 

事故が起きたのはどこだったのでしょうか。

 

事故が発生したのは、

岐阜県白川村を通る、

東海北陸道椿原トンネルです。

現場は片側一車線の中央分離帯がないトンネルです。

当時大石さんは知人3人で、

ツーリングをしていたということです。

 

 

航空自衛官大石哲正さんが亡くなる

 

この事故で航空自衛官の大石さんが亡くなっています。

 

名前 大石 哲正さん
年齢 52歳
住所 埼玉県入間市扇台
職業 航空自衛官
死因 死因は不明だが病院に運ばれ2時間後に亡くなる

 

大石さんは知人とツーリングをしており、

事故発生時先頭を走っていたということです。

大石さんは北陸に向かって、

ツーリングをしていました。

 

 

杉山稚昭さんについて

 

名前 杉山 稚昭さん
年齢 70歳
住所 愛知県豊田市小坂
職業 会社員
状態 病院に運ばれましたが、意識はある状態

 

杉山さんと杉山さんに同乗していた

73歳の男性も病院へ運ばれましたが、

現在意識はある状態ということです。

 

杉山さんが運転する車が、

センターラインをはみ出した状態で走行しており、

先頭を走っていた大石さんと衝突したとされています。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

事故の詳細や過失については現在も調査中のようです。

亡くなった大石さんのご冥福をお祈り申し上げます。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

    23歳新卒で出版社で働いておりましたが、1年弱で会社を辞め今はブログ一本で生活しています。 最新のニュースをこのブログでは書いて行きますので、よろしくお願いいたします。