七戸町死亡事故!乗用車と検診バスが衝突し1人死亡!事故発生現場は?

スポンサーリンク



 

1月27日午後5時45分頃、

青森県七戸町の国道4号線で、

乗用車と検診バスが正面衝突し、

乗用車を運転していた68歳の会社員の男性が亡くなりました

男性は胸を強く打っており、重傷胸部外傷等で亡くなりました。

 

事故の詳細や、事故発生現場について調べてみました。

 

 

青森県七戸町で死亡事故発生

 

27日午後5時45分ごろ、青森県七戸町太田の国道4号で、同町野崎狐久保、会社員男性(68)の乗用車と、青森市港町3丁目、団体職員女性(48)が運転する検診用バスが正面衝突した。男性が胸を強く打ち八戸市の病院に運ばれたが、約1時間50分後、重傷胸部外傷などで死亡した
県警七戸署によると、現場は片側1車線の直線。同署は十和田市から野辺地町方向に走行していた男性の車がセンターラインをはみ出したとみて、事故原因を捜査している。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00010000-dtohoku-l02

 

事件が発生した場所

 

事故が発生したのはどこなのでしょうか。

 

死亡事故が起きたのは、青森県七戸町太田を通る国道4号線です。

 

 

 

現場は、片側一車線で比較的まっすぐな道路です。

 

 

亡くなった男性について

 

亡くなった男性についての情報をまとめました。

 

・名前:不明
・年齢:68歳
・住所:青森県七戸町野崎狐久保
・職業:会社員
・死因:胸部外傷

 

検診バスを運転していた女性

 

検診バスを運転していた女性についてまとめてみました。

 

・名前:不明
・年齢:48歳
・住所:青森県青森市港町3丁目
・職業:市職員

 

事故の詳細

 

 

事故が発生したのは、午後5時45分頃です。

 

68歳の会社員の男性が運転する車と

市職員が運転する検診バスが、正面衝突をしました。

 

男性が乗っていた車が、センターラインからはみ出していたのが衝突の原因であると警察はみています。

 

なぜセンターラインからはみ出していたのでしょうか。

 

脇見運転や雪による影響があったのでしょうか。

 

 

男性は、胸を強く打ち病院へ運ばれましたが、

1時間50分後に亡くなりました。

 

今回の事件は、市職員の方の過失ではなさそうですね。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。