渋谷区笹塚強盗事件犯人特定?初台で起きた事件との関係性は?

 

2月1日午前8時40分頃、

東京都渋谷区笹塚の住宅に、

警察官に扮した3人組が侵入し、

この家に住む高齢者を縛り、現金約400万円を奪う強盗事件が発生しました。

 

1月11日に渋谷区初台でも似たような強盗事件が起きており、

警察は同一犯の犯行として捜査を進めています。

 

事件の詳細や、事件があった場所等調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

渋谷区笹塚で強盗事件

 

 1日午前8時40分ごろ、東京都渋谷区笹塚2の70代の女性から強盗に入られたと110番があった。警視庁代々木署によると、3人の男が女性と80代の夫の手を結束バンドで縛り、現金約400万円を奪って逃走したという。夫婦にけがはなかった。同署が強盗事件として男らの行方を追っている。
捜査関係者によると、この家には数日前、現金の有無を尋ねる不審な電話があった。特殊詐欺などで使われる「アポ電」と呼ばれる手口で、1日は警察官を装って訪れた後、押し入ったという。
近くの渋谷区初台1でも先月11日、住宅に男3人が押し入り現金2000万円を奪う事件があった。この事件でも「アポ電」があったといい、代々木署は関連を調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000055-mai-soci

渋谷区で強盗事件が多発しております。

おそらくこの犯人は、誰がどの程度お金を所持しているか等すえてサーチしている可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

1月11日初台で強盗事件

 

今回笹塚で起きた事件は、

1月11日に初台で起きた事件と同一犯の可能性があります。

 

 11日午前5時35分ごろ、東京都渋谷区初台1丁目の住宅に強盗が入ったと110番通報があった。警視庁によると、男3人が一軒家に押し入り、90代の自営業の男性と80代女性の夫婦を縛って現金数千万円などを奪い、逃走した。男性は顔を殴られて軽傷。夫婦方には2日前、息子を装った振り込め詐欺の疑いがある電話がかかってきていたという。警視庁は強盗致傷の疑いで捜査するとともに、電話との関連も調べる。
夫婦は2人暮らしで、11日午前2時半ごろ、玄関先で音がしたため鍵を開けたところ、覆面をかぶった男3人が押し入った。3人は夫婦を縛り、室内にあった現金数千万円と宝石類を奪って逃走したという。署は被害額などを捜査。夫は「粘着テープで口をふさがれた」と話しているという。夫は約3時間かけて自分で緊縛を解き、向かいの家に助けを求めた。夫婦宅の電話は壊されていたという。
参照元:https://www.asahi.com/articles/ASM1C34JLM1CUTIL008.html

渋谷区初台強盗事件

 

こちらで詳しくまとめてありますので、

よろしければご確認ください。

 

スポンサーリンク

 

事件が起きた場所

 

事件はどこで起きたのでしょうか。

事件が発生したのは、渋谷区笹塚2丁目です。

10号通り商店街の近くということでした。

 

 

スポンサーリンク

 

犯人の特徴

 

犯人の特徴は現在のところ明らかとなっておりません。

しかし、初台の強盗事件でも目出し帽をかぶっており

顔や特徴がわかっていませんでした。

 

強盗3人は、暴力も惜しまず行います。

笹塚で起こった事件も、結束バンドで縛られていますし、

初台の事件では、男性が顔を殴られています。

 

渋谷区にお住いの方、特に高齢者でお金を持っている方は、

戸締りや防犯対策をしっかりとしてください。

 

彼らは、まだ犯行を繰り返すでしょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。