仙台市太白区通り魔事件長町傷害事件容疑者の特徴公開!男性が刃物で胸を刺される

スポンサーリンク



 

5月29日午後10時頃、

仙台市太白区長町で通り魔事件が発生しました。

この傷害事件で51歳の男性が刃物で胸を刺され軽傷を負っています。

男性は自力で自宅に帰り、警察に通報したということです。

現在容疑者は逃走中です。

事件現場や事件の詳細を調べてみました。

 

 

仙台市太白区で通り魔事件

 

29日午後10時ごろ、仙台市太白区の路上で、近くに住む会社員の男性(51)が、前から来た人物に先のとがったもので突然胸を刺された。男性は左胸付近に軽傷を負ったが、自力で帰宅。男性の妻が110番通報した。宮城県警仙台南署では、通り魔事件の可能性があるとみて、傷害容疑で逃げた人物の行方を追っている。
同署によると、刺した人物の性別は不明。男性は刺した人物の特徴について、「身長170センチほどで、上下黒の服装」と話しているという。凶器などは見つかっていない。
現場は仙台市立長町小学校のそば。同署では同校周辺のパトロールを強化するとともに、付近の防犯カメラなどを調べている。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000511-san-soci

 

 

通り魔事件が発生した場所

 

事件が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

事件が発生したのは、

宮城県仙台市太白区長町4丁目ということです。

仙台市立長町小学校付近で、

男性は被害に遭いました。

 

 

容疑者の特徴

 

現在までに明らかとなっている

容疑者の特徴をまとめてみました。

 

性別 不明
年齢 不明
身長 170cmくらいの中肉
服装 上下黒の服装(長袖の黒のジャージ)
凶器 アイスピック

 

現在容疑者は逃走しており、

凶器も見つかっていません

現場付近ではアイスピックが発見されたようです。

 

男性は左胸に軽傷を負ったということです。

おそらくこれも登戸の事件の模倣犯ではないのでしょうか。

男性の傷が浅いことから、

容疑者にそこまで殺意があったとは思いません。

 

 

自作だった

 

仙台市太白区の路上で29日夜、家族を通じて「刺された」と110番通報していた会社員の男性(51)が「自分で刺した」と話していることが30日、仙台南署への取材で分かった。同署ではこの男性による自作自演とみて、男性から詳しく事情を聴いている。同署によると、29日午後10時半ごろ、男性の妻が110番通報。男性は左胸に軽傷を負っていたが、自力で帰宅していた。同署が事情を聴いていたところ、「仕事がつらかった」として自作自演を認めたという。
参照元:http://news.livedoor.com/article/detail/16541558/

 

仕事のストレスからこのようなことをしてしまったのでしょう。

登戸の事件があったばかりでこのようなことは本当にやめてほしいものですね。

 

 

 

SNSのコメント

 

模倣犯防止のため、この種の犯罪には厳格に対応する必要がある。被害を防止のためならしかるべき対応、発砲も当然に行うべき。

 

防犯カメラがあれば、逃げえた犯人は捕まえられる。
次の犠牲者が出ることを防げる。
一人目の犠牲者を防げないからと言って、防犯カメラは無意味じゃない

 

通り魔、背後から襲われたらどうしようもない。
こういう人をなるべく減らす&生み出さない社会
何十年も時間は掛かると思うけどイジメ、親からの虐待、ネグレクトなど調べて
積極的に介入して行った方が良いと思うな

 

軽傷で済んで良かった、、、
SNSの乱暴なコメントが犯罪予備軍を刺激する、て言ってました。

 

何故そんな、真似をする輩が出てくるんか、毎回不思議でならない。

 

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

早く容疑者が見つかることを祈ります。

容疑者は犯行を繰り返す可能性があります。

十分にお気をつけください。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。