田口睦夫顔画像特定か?勤務先の大学は?仙台市障害を持つ息子を殺害!介護疲れが原因か

スポンサーリンク



 

8月12日午後6時半頃、

仙台市若林区の空き地に止めた車内の中で、

30歳の息子を文化包丁で刺して殺害したとして、

父親の田口睦夫容疑者が逮捕されました。

被害者の息子は重度の障害があったということです。

 

 

仙台市重度の障害を持つ息子を刃物で刺す

 

重度の障害を持つ次男(30)の首を包丁で切りつけ殺害しようとしたとして、仙台東署は13日、殺人未遂の疑いで大学職員、田口睦夫容疑者(62)=仙台市宮城野区=を逮捕した。調べに対し「介護に疲れて、事件を起こした」と容疑を認めている。
逮捕容疑は12日午後6時半ごろ、同市若林区内の空き地に駐車中だった車内で、所持していた文化包丁で次男の首を切りつけ、殺害しようとしたとしている。次男は首に切り傷を負ったが、命に別条はない
事件当時、次男はお盆に合わせて同市内の介護施設から帰省していた。田口容疑者は次男とドライブに出かけ犯行に及び、帰宅。田口容疑者の妻が血を流している次男を見て119番通報し、事件が発覚した。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00000554-san-l04

 

 

事件が発生した場所

 

事件が発生したのはどこだったのでしょうか。

田口容疑者が息子を殺害しようとしたのは、

仙台市若林区の空き地でした。

当時田口容疑者と被害者の息子は、

ドライブに出かけており、田口容疑者は

反抗するために、この空き地に車を止めたのでしょう。

 

 

田口睦夫容疑者について

 

田口容疑者の息子は重度の障害を持っており、

普段は介護施設にいたということです。

しかし現在はお盆で息子は介護施設から帰省中とのことでした。

 

8月12日、田口容疑者は息子と車でドライブに出かけ、

仙台市若林区の空き地に止めた車の中で、息子の首を

切りつけ殺害しようとした疑いがあります。

 

田口容疑者は「介護に疲れて事件を起こした」

と容疑を認めています。

息子の介護がどのくらい必要だったのかはわかりませんが、

62歳という高齢で30歳の息子を介護するのはとても大変なことでしょう。

鬱になっていたのかもしれませんね。

現在までに判明している田口容疑者についての情報をまとめました。

 

名前 田口 睦夫
年齢 62歳
住所 宮城県仙台市宮城野区
職業 大学職員
容疑 殺人未遂

 

 

顔画像や勤務先の大学はどこ?

 

現在田口容疑者の顔画像は公開されておりません。

 

田口容疑者は仙台市在住なので、

おそらく職場の大学も仙台市のはずでしょう。

仙台市には短大などを含めると、

多くの大学が存在しました。

参考までに地図を貼っておきます。

 

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

部外者にはわからない大変さがあったのだと思います。

自分の息子を殺害するほど追い込まれていたということですので、

相当苦労していたのだと思います。

でも犯罪だけはいけません。

その点については擁護しようがありません。

 

 

スポンサーリンク



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。