仙台市焼身自殺発生!太白区で要介護の女性が災害公営住宅で自殺か?

 

1月23日午前0時半頃、宮城県仙台市太白区にある

市営住宅で女性が焼身自殺しました。

 

女性は要介護認定を受けており、

以前は夫と2人暮らしでしたが、現在は1人暮らしだったようです。

 

また、この住宅は東日本大震災の被害者たちがすむ災害公営住宅のようです。

 

一体何があったのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

仙台市災害公営住宅で焼身自殺か

 

 23日午前0時半ごろ、仙台市太白区諏訪町のあすと長町第3市営住宅で「立ち木が燃えている」と付近の住民が119番した。駆け付けた警察と消防が、1階ベランダ前の通路でうつぶせに倒れている人を発見し、その後死亡を確認した。
近隣住民らや宮城県警によると、遺体は1階に住む女性とみられ、焼身自殺した可能性が高いという。女性は以前、夫と2人暮らしだったが、現在は1人暮らしで介護が必要な状態だったという。県警は司法解剖などで遺体の身元や死因の特定を急ぐ。
同住宅は東日本大震災の被災者らが住む災害公営住宅で、2015年4月に入居が始まった。あすと長町地区の災害公営住宅には22日、渡辺博道復興相が視察のため訪問した。
参照元:https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201901/20190123_13044.html
スポンサーリンク

 

焼身自殺があった場所

 

焼身自殺があった場所はどこなのでしょうか。

 

事件が起きたのは、宮城県 仙台市太白区諏訪町のあすと長町第3市営住宅です。

 

参照元:仙台市役所

 

女性はこの1階ベランダの通路でうつぶせに倒れているところが発見されました。

 

スポンサーリンク

 

 

焼身自殺した理由

 

 

現在女性が焼身自殺をしたと決定したわけではありませんが、

現時点で焼身自殺の可能性が高いと言われています。

 

女性は要介護認定を受けており、現在まで一人暮らしをしていました。

以前までは夫と2人暮らしだったようですが、先立たれてしまったのでしょう。

 

また、被災者ということでもしかしたら親族が全員亡くなってしまった可能性もあります。

 

 

もう生きていく気力がなくなってしまったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

SNSのコメント

 

お金ではなくて、別の意味で貧富の差。
子供はいなかったのだろうか。
お金がないと、色んな意味で貧していくことが
多いのかな。
抗議の焼身か?
この国は、こうやって静かに消されるんだねそして何事も無かったかのように過ぎてゆく
一人で生きてゆく一人で老いてゆく
本を読んだり昼寝をしたり、ときどき空を眺めて詩をそらんじてみる
雑草の中から食べられる野草を探し、少しのごま油で炒め食する
わたしは、そんな日々を静かに過ごしたい
災害大国日本。。他人事とは思えない…
日本政府は日本人に冷たい国
だからアメリカの州税より高いといわれる
消費税10%をはじめる
なんのために血税払ってるんだよ!
オリンピックに税金かけるくらいなら
もっと国民のために使えよ!もっとこんな事件増えるぞ!
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190123-00000026-khks-soci
スポンサーリンク

 

おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

被災地ではこのような事件が多く起きてくるのではないでしょうか。

私たちが想像を絶するような苦しみを今も抱いています。

 

国や県、市はもっとこのような方達に気を配るべきではないでしょうか。

 

皆さんはどのようにお考えでしょうか。

 

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。