西武新宿線車侵入 進入したのはやはり高齢者!原因はなんだった?現場の様子まとめ

 

4月27日午後10時20分頃、

西武新宿線沼袋駅〜野方駅間の線路に、

車が侵入する事故が発生しました。

線路に進入したのはやはり高齢者でした。

 

進入した原因や現場の様子について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

西武新宿線の線路内に車が侵入

 

27日夜、東京・中野区で70代の女性が運転する車が線路に進入し、西武新宿線が一時、運転を見合わせました。
警視庁によりますと、27日午後10時20分ごろ、中野区にある西武新宿線の沼袋駅と野方駅の間で「車が線路に進入している」と通報がありました。警察官が駆けつけると、車は近くの踏切からおよそ120メートルほど離れた場所に止まっていましたが、電車との接触はなく、けが人はいませんでした。
車を運転していたのは千葉県に住む72歳の女性で、「間違って線路に入ってしまった」と話しているということです。警視庁は女性が運転を誤り、踏切から線路内に進入したとみて調べています。
この影響で、西武新宿線は一部区間の上下線で一時、運転を見合わせました。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190428-00000007-jnn-soci

 

スポンサーリンク

 

車が侵入した線路はどこ

 

今回の事故が発生したのはどこだったのでしょうか。

 

車が侵入する事故が発生したのは、

西武新宿線沼袋駅〜野方駅の間ということです。

 

スポンサーリンク

 

事故が起きた原因は?

 

今回事故を起こしたのは、

千葉県に住む72歳の女性ということです。

事故について女性は

間違えて線路に入ってしまった」と供述しています。

間違えて線路に侵入してしまうことなんてあるのでしょうか。

 

 

ツイッターではこのような意見がありました。

確かにパッとみたら線路が道路のようにも見えなくはないですね。

しかしレールもしっかり見えまし、

間違えて入ったというレベルではありません。

 

スポンサーリンク

 

現場の様子

 

ツイッターに投稿された現場の様子をまとめました。

 

 

スポンサーリンク

 

 


スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。