シーサイドライン逆走事故新杉田で20人が怪我!現場の様子は?

 

6月1日午後8時15分頃、

横浜シーサイドラインが新杉田駅で

電車が逆走する事故が発生しました。

この事故で20人が怪我をしているということです。

現場の状況はどうなったいるのでしょうか。

調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

シーサイドライン新杉田駅で電車が逆走

 

神奈川県警によると、1日午後8時15分ごろ、横浜市内を結ぶ新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅(横浜市磯子区)で、車両が逆走する事故があった。横浜市消防局によると、約20人が負傷し、このうち2人が重傷との情報がある。
事故があった車両は新杉田駅が始発で、逆走して車止めに衝突したとの情報がある。シーサイドラインは横浜市などが出資する第三セクター「横浜シーサイドライン」が運営する路線。運転士のいない無人運転で運行し、新杉田駅と横浜市金沢区の金沢八景駅を結ぶ。けが人の人数や詳細はわかっていない。
参照元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000078-mai-soci

 

スポンサーリンク

 

現場の様子

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 


スポンサーリンク

 

おわりに

 

最後までお読みいただきましてありがとうございます。

逆走の現認等わかり次第更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。